猿の惑星:新世紀(ライジング)

壮大なる〈起源〉から、想像を絶する〈新世紀〉へ。
公開
2014/09/19(金)公開
監督
マット・リーヴス
出演
アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン
解説
世界中で大反響を呼び起こした『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。高度な知性を持つ猿たちによる傲慢な人類への叛乱を描いたこの映画が観る者に衝撃を与えたのは、最先端のフルCGで映像化された猿のリアルさのみならず、スクリーンに繰り広げられた未知の光景だった。それは人類の文明社会が破壊され、地球の支配者としての絶対的な地位が崩れゆく瞬間。歴史が塗りかえられた“起源”の物語が、圧倒的なスペクタクルとともに描かれていたのだ。そして2014年、私たちは誰もが息をのんだあの『創世記(ジェネシス)』が、新たな神話『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の壮大な序章だったことに気づかされる。

この作品を「観たい」に登録した人…1454
ストーリー
あれから10年後、別々にコミュニティを築き上げた猿たちと残りわずかな人類の間に一触即発の事態が勃発。異なる種でありながらもお互いに家族や仲間を持ち、平和を望む猿の指導者シーザーと人間のリーダーそれぞれの葛藤を描く本作は、彼らが“共存”と“対立”の狭間で胸を引き裂かれ、種の存亡を懸けた決断を迫られる姿を見すえていく。よりエモーショナルに進化したドラマとスケールアップしたアクションの果てに映し出されるのは、まさしく地球の新たな支配者が決する瞬間。オリジナル版「猿の惑星」から約45年を経て、あらゆる観客の想像を超え、心揺さぶってやまない新世紀の夜明けがそこにある!

スタッフ
監督:マット・リーヴス
脚本:マーク・ボンバック、リック・ジャファ、アマンダ・シルヴァー
エグゼクティブ・プロデューサー:トーマス・M・ハーメル
プロデューサー:ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク、リック・ジャファ、アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:リック・ジャファ、アマンダ・シルヴァー
撮影:マイケル・セラシン
プロダクションデザイン:ジェイムズ・チンランド
音楽:マイケル・ジアッチーノ
編集:ウィリアム・ホイ、スタン・サルファス
衣装:メリッサ・ブラニング
キャスティング:デブラ・ゼイン

キャスト
アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ニック・サーストン

作品データ
原題:Dawn of the Planet of the Apes
製作年:2014年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:131分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker