鋼の錬金術師

今、全世界待望の―ファンタジー・アクション超大作が動きだす!
公開
2017/12/01(金)公開
監督
曽利文彦
出演
山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子
解説
大好きだった亡き母を生き返らせようと、幼い兄弟は最大の禁忌を犯した――。この世の、想像もつかない法則。その流れを知り、あらゆる物質を分解して再構築する"錬金術"。荒川弘の原作コミック「鋼の錬金術師」は、そんな架空の"術"が存在する世界を舞台にしたファンタジードラマだ。監督はジェームズ・キャメロン監督の下『タイタニック』(1997)のCGを手掛け、『ピンポン』(2002)で日本映画の新たな扉を開いた映像のスペシャリスト曽利文彦。“鋼の錬金術師”ことエドワード・エルリックに山田涼介が挑む。

この作品を「観たい」に登録した人…2265
ストーリー
「これだ!この理論なら完璧だよ! 母さんを生き返らせることができる!」幼くして錬金術の天才的な才能を見せるエドは、弟アルと、ついに"人体錬成"の理論にたどり着く。だがそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌だった……。母さんにもう一度会いたくて、その笑顔が見たくて…、迷わず前に進んだ幼い兄弟の運命はしかし非情なものだった。二人の錬成は失敗し、エドは左脚を、アルは身体全部を対価として"持っていかれて"しまう。「返せよ、足だろうが、両腕だろうが、心臓だろうが、くれてやる。だから返せよ!たった1人の弟なんだよ!」瀕死のエドはとっさに無謀な再錬成に挑み、右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させる。あまりに多くを失ったエドだが、決して諦めはしなかった。全てを取り戻すため、鋼鉄の義肢をつけた身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと旅を続けるエドをやがて人はこう呼ぶのだった。鋼の錬金術師、と──。

スタッフ
監督:曽利文彦

キャスト
山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子

作品データ
原題:
製作年:2017年
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:133分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケオンライン券を購入

券種
枚数
一般: 1400円
小人: 900円

合計金額
0円
販売終了日 : 2017年11月30日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定劇場については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※小人券の対象年齢は劇場により異なります。詳細については、あらかじめ、ご鑑賞予定劇場WEBサイトにてご確認ください。なお、劇場へのご入場の際に年齢の確認をさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※劇場前売特典は付きません。
これからご購入いただくのはムビチケオンライン券です。劇場前売特典は、劇場窓口にてムビチケカード券をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。