22年目の告白―私が殺人犯です―

藤原竜也×伊藤英明 W主演のノンストップサスペンス
公開
2017/06/10(土)公開
監督
入江悠
出演
藤原竜也、伊藤英明
解説
全国民を魅了する殺人犯、登場。「はじめまして、私が殺人犯です」その男は、突然現れた。華々しくフラッシュを浴びて――。時効が成立し、誰にも捕まえられないその男の、あってはならない殺人の告白が、日本中を釘づけにし、狂わせていく!時効に守られ、絶対に捕まえられない美しき殺人犯に『デスノート』『藁の楯』の藤原竜也。22年前に、逮捕寸前まで犯人を追い込みながら取り逃がした刑事に「海猿」シリーズ、『悪の経典』の伊藤英明。日本中が見守る告白の行方はー?事件は、とんでもない領域へと加速していく!

この作品を「観たい」に登録した人…203
ストーリー
1995年に発生した東京連続絞殺事件。残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させたその事件は、未解決のまま時効を迎えた。そして2017年――。逃げきったはずの犯人が思わぬ形で姿を現した。日本中が固唾をのんで見つめる中、TVに映し出された記者会見場。そこにいたのは、みずからの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。「はじめまして、私が殺人犯です」顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットをはじめ日本中のメディアは熱狂。その端整な容姿に、次々とファンを公言する者も現れた。刑事の牧村 航(伊藤英明)は、部下の春日部(竜星 涼)らとともに警察署内でその映像に目を凝らしていた。牧村は22年前、上司の滝(平田 満)とともにこの事件を担当し、覆面をかぶった犯人を取り押さえながら、あとわずかのところで取り逃がしてしまったのだ。犯人はその後、見せしめのように牧村を狙い、その結果、滝が牧村の目の前で命を落とすことになった。あの時、犯人を捕まえてさえいれば……。牧村にとって悔やんでも悔やみきれない事件だった。会見後、日本中が曾根崎の話題で持ちきりになり、告白本は飛ぶように売れ、大ベストセラーに。そこへ拍車をかけるように曾根崎のパフォーマンスは続く。この事件で妻を殺された病院長の山縣(岩松 了)に謝罪するため、マスコミを引き連れて病院を訪れ、土下座をしてみせたかと思えば、たまたまそこに居合わせた牧村を挑発して一触即発の事態を招く。そのすべてがあらゆるメディアを通じて拡散されていく。曾根崎が持て囃される一方で、時効の名のもとに裁かれることのない殺人犯に割り切れない思いを抱える被害者遺族たち。曾根崎のサイン会が行われる日、愛人を殺された組長の橘(岩城滉一)は、組員である戸田(早乙女太一)に、銃で曾根崎を狙わせる。父親を殺された書店員の岸 美晴(夏帆)も包丁を隠し持ち、やはり曾根崎を狙っていた。相次いで襲ってくる復讐者から、牧村は警察官として身を挺して“殺されて当然”の曾根崎を守る。「復讐したい気持ちは分かる、だが殺しは駄目だ」そんなおり、発生当初からこの事件を追いかけていたジャーナリストの仙堂(仲村トオル)が、自分がキャスターを務める報道番組への出演を曾根崎に呼びかける。「法律が彼を裁けないなら、私たちが裁きましょう」曾根崎は因縁の相手である牧村の同席を条件に出演を承諾。世間を賑わせている殺人犯のTV出演を日本中が見守る中、その生放送中に意外な事実が明らかになる。22年前、滝刑事の殺害現場となった牧村の家には、妹の里香(石橋杏奈)が婚約者の拓巳(野村周平)とともに同居していたのだ。そして事件直後、里香は行方不明になっていた。それは果たして何を意味するのか? 真相は一体、何なのか!? これは、まだ新たな事件(ゲーム)の始まりに過ぎなかった…

スタッフ
監督:入江悠

キャスト
藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

作品データ
原題:
製作年:2017年
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:117分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケオンライン券を購入

券種
枚数
一般: 1400円

合計金額
0円
販売終了日 : 2017年06月09日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定劇場については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※3/18(土)より販売開始