サクラダリセット 後篇

二部作、遂に完結!すべての伏線が美しく収束する青春ミステリー
公開
2017/05/13(土)公開
監督
深川栄洋
出演
野村周平
解説
「いなくなれ、群青」で第8回大学読書人大賞を受賞した新鋭・河野裕の原点にして最高傑作「サクラダリセット」シリーズが実写映画化を果たす。時間が交錯する緊迫のミステリーであると同時に、刹那のときめきと哀しみが胸打つ青春ラブストーリーでもある本作。野村周平、黒島結菜ら映画界を担う若手俳優陣が集結し、加賀まりこ、及川光博など、作品に風格と深みを与える個性派俳優陣も出演、『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋がメガホンをとり、2017年春 大本命の壮大な青春ミステリーが誕生する―。

この作品を「観たい」に登録した人…374
ストーリー
特殊な能力を持つ人々が約半数を占める街〝咲良田(サクラダ)〟。住人たちの力は〝管理局〟によって慎重に、監視・制御されている。浅井ケイ(野村周平)は、「記憶保持」の力を持つ高校生。春埼美空(黒島結菜)は、世界を最大3日分巻き戻す=「リセット」の能力を持つが、それはケイと共に行動することで初めて効果を発揮することができる。しかし、ケイと春埼には取り戻せない〝過去〟があった。それは、2年前に「リセット」の影響を受けて死んでしまった相麻 菫(平 祐奈)のこと。そんなケイたちの前に、「モノを消す」能力を持つ村瀬陽香(玉城ティナ)と「記憶を操作する」岡 絵里(恒松祐里)が現れる。一方、高校のボランティア活動=<奉仕クラブ>の一環で、かつて「写真に入る」能力を持ちながら、それを奪われてしまった老人、佐々野(大石吾朗)からのある依頼によって、ケイと春崎は、「未来を知る」力のある〝魔女〟(加賀まりこ)と呼ばれる老婆と出逢う。何の関連もないと思われたそれらの出来事から、相麻をよみがえらせる可能性に気づいたケイは、「声を届ける」能力を持つ親友・中野智樹(健太郎)らと共に〝管理局〟相手に禁断のアプローチを開始する…。かくして、相麻はよみがえったかのようにみえた…だが、ケイたちは驚くべき真実に遭遇する。〝相麻 菫〟の再生こそがすべての〝はじまり〟だったのだ―。

スタッフ
監督:深川栄洋
脚本:深川栄洋
原作:河野 裕「サクラダリセット」シリーズ(角川文庫)、河野 裕「サクラダリセット」シリーズ(角川スニーカー文庫)
音楽:河野 伸
主題歌:flumpool「ラストコール」(A-Sketch)
後篇エンディングテーマ:flumpool「ナミダリセット」(A-Sketch)

キャスト
野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里、及川光博

作品データ
原題:
製作年:2017年
製作国:日本
配給:ショウゲート
上映時間:125分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker