• TOP(商品一覧)
  • >
  • いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~

いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~

困難な時代を懸命に生きた、実在した家族の愛の物語。
公開
2017/06/24(土)公開
監督
深川栄洋
出演
尾野真千子、向井理
解説
向井理が家族や親戚と共に自費出版した祖母・芦村朋子の半生記『何日君再来』を、向井自身が企画にも携わり映画化。病に倒れた朋子の代わりに手記をまとめる孫の理。そこには彼も知らない、厳しい時代を生きぬいた朋子と亡夫・吾郎の愛の物語が綴られていた。若き日の朋子役に「きみはいい子」の尾野真千子が、向井理が自身の祖父である吾郎役にあたり、時代に翻弄されながらも懸命に生きる夫婦を体現する。監督は「神様のカルテ」の深川栄洋。また、向井理が水木しげるを演じたNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』を手がけた山本むつみが脚本を担当する。

この作品を「観たい」に登録した人…120
ストーリー
戦後の混乱期、日本を支えたのは「普通の暮らし」を生きた人々だった―。戦中から現代へ―。親から子、子から孫へ受け継がれる、ある家族の”愛の実話”。81歳になった芦村朋子(野際陽子)は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎(向井理)との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理(成田偉心)が『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。綴られていたのは今まで知ることのなかった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖母・朋子(尾野真千子)と祖父・吾郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった-。

スタッフ
監督:深川栄洋

キャスト
尾野真千子、向井理

作品データ
原題:
製作年:2017年
製作国:日本
配給:ショウゲート
上映時間:114分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケオンライン券を購入

券種
枚数
一般: 1400円

合計金額
0円
販売終了日 : 2017年06月23日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定劇場については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※ムビチケオンライン券をご購入の場合、劇場前売特典はございません。劇場前売特典は、劇場窓口にてムビチケカードをご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。