ベイビー・ドライバー

これぞカーチェイス版「ラ・ラ・ランド」!
公開
2017/08/19(土)公開
監督
エドガー・ライト
出演
アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ
解説
ロッテントマト驚異のフレッシュ度100%のアクション・エンタテインメント!監督は『アントマン』の脚本を手掛けた、『ホット・ファズ ―俺たちスーパーポリスメン!―』のエドガー・ライト。エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアル・テクニック、そしてさまざまな映画の引用で、世界中のファンから愛されている彼の最新作は、3月に開催されたサウス・バイ・サウス・ウェスト映画祭でお披露目され、大絶賛の観客賞を受賞!

この作品を「観たい」に登録した人…324
ストーリー
ベイビー(アンセル・エルゴート)。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事―それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する―。組織のボスで作戦担当のドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする―それは、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた“最後の仕事”=“合衆国郵便局の襲撃”がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める―。

スタッフ
監督:エドガー・ライト
製作:ニラ・パーク、エリック・フェルナー、ティム・ビーヴァン
製作総指揮:エドガー・ライト、レイチェル・プライアー、ジェームズ・ビドル、アダム・メリムズ、ライザ・チェイシン、ミシェル・ライト
脚本:エドガー・ライト
撮影:ビル・ポープ
衣装:コートニー・ホフマン
音楽:スティーヴン・プライス
編集:ポール・マクリス、ジョナサン・エイモス
プロダクションデザイン:マーカス・ローランド

キャスト
アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス、ジョン・バーンサル、CJ・ジョーンズ、フリー、スカイ・フェレイラ、ラニー・ジューン、ビッグ・ボーイ、キラー・マイク、ポール・ウィリアムズ、ジョン・スペンサー、ウォルター・ヒル

作品データ
原題:BABY DRIVER
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンターテイメント
上映時間:113分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker