人魚の眠る家

娘を殺したのは、私でしょうか 衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー
公開
2018/11/16(金)公開
監督
堤幸彦
出演
篠原涼子、西島秀俊
解説
離婚寸前の仮面夫婦の元に、ある日突然、届いた知らせ。「娘がプールで溺れた―」。愛娘は意識不明のまま、回復の見込みはないという。深く眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すのだが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく―。東野圭吾の作家デビュー30周年記念ベストセラー小説を、『明日の記憶』『TRICK』『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、今年最大の衝撃作にして感動のヒューマンミステリー。
「観たい」登録者…1185

ストーリー
二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

スタッフ
監督:堤幸彦

キャスト
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子

作品データ
原題:
製作年:2018年
製作国:日本
配給:松竹
上映時間:120分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker