猫は抱くもの

自分を人間だと思い込む猫が、こじらせた元アイドルに恋をした―
公開
2018/06/23(土)公開
監督
犬童一心
出演
沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)
解説
元アイドルの主人公を演じたのは、『ヘルタースケルター』以来6年ぶりの主演となる沢尻エリカ。猫・良男の擬人化した姿を演じるのは、若手演技派俳優の吉沢亮。『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』など繊細な恋愛ドラマを手掛けてきた犬童一心監督と、『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』の脚本家・高田亮がタッグを組み、猫を擬人化するというコンセプトに加え、音楽、舞台、アニメーションなど数々の演出手法を用いながら、「ヒロインの妄想とリアル」、「猫の視点」が融合した魅力的な世界を描き出した。
「観たい」登録者…387

ストーリー
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、職場の裏でこっそり飼っているロシアンブルーの良男(吉沢亮)だけ。いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込む。そんなある日、沙織の前にゴッホと呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする…。 ある晩、沙織に会いに行こうと外に飛び出した良男は、迷子になってしまい、野良猫たちが集まる「ねこすて橋」のたもとに辿り着く。人間だと主張する良男を、茶化す野良猫たち。彼らとの交流や、とある衝撃的な出来事をきっかけに、良男は自分が猫であることに気付いてしまう…。 離ればなれになった1人と1匹は、ゴッホや、迷い猫キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通して、自分らしく生きるすべを見つけられるのか―。それぞれの想いを叶えることはできるのか。ちょっぴりイタくて、可笑しくて、観終えた後には思わず笑顔がこぼれる、1人と1匹の再生の物語が誕生した。

スタッフ
監督:犬童一心

キャスト
沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、末永百合恵、柿澤勇人

作品データ
原題:
製作年:2018年
製作国:日本
配給:キノフィルムズ/木下グループ
上映時間:109分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker