皇帝ペンギン ただいま

大ヒット映画『皇帝ペンギン』が帰ってきた!
公開
2018/08/25(土)公開
監督
リュック・ジャケ
出演
解説
世界で2500万人が見た奇跡のドキュメンタリー映画『皇帝ペンギン』(05)が、12年振りに帰ってきました!皇帝ペンギンは、"世界でもっとも過酷な子育てをする鳥"と呼ばれています。ぽってりした体をゆさゆさ揺らして歩く大人の皇帝ペンギン。フワフワの羽毛と飛行帽をかぶったようなかわいいヒナ。本作ではかわいいだけではない彼らの真の姿と南極の絶景を4Kカメラやドローンを駆使し、撮影された迫力の映像で紹介します。特に南極海での最深記録を達成した水中撮影は圧巻です。
「観たい」登録者…142

ストーリー
南極大陸で一生を過ごす唯一の動物である皇帝ペンギン。餌を求めてに海中を自由自在に泳ぐ彼らは、ある時突然、陸へ上がり、列をなして歩き始めます。ゴールは海から100kmも内陸にある繁殖地"オアモック"。古来から皇帝ペンギンはここで生まれ育ち、命をつないできました。なぜ皇帝ペンギンは"世界でもっとも過酷な子育てをする鳥"と呼ばれるのでしょう。彼らの子育ては驚きの連続です。産卵を終えたメスは大切な卵をオスに渡し、一路海へ。オスはメスが帰るまでの約120日間、絶食状態で卵を温めて、生まれたヒナを守ります。若いオスは抱卵に失敗したり、ヒナが天敵のオオフルマカモメに襲われることもよく起きます。集団の中でも最長老の40歳のオスは、子育ての大ベテラン。無事にヒナをメスに会わせられました。これからの数ヶ月間、両親は海とオアモックを往復して、食欲旺盛なヒナを育てていきます。夏が近づく頃、両親はヒナに別れを告げて、雪嵐の中に消えていきました。親子の会話で大賑わいだったオアモックは、ヒナたちの声しか聞こえません。ある日、灰色の羽毛が抜けてまだら模様に変身し始めたヒナたちは、何かに導かれるように歩き出しました。頼れるのは自分の本能だけ。厳しい旅の末に辿り着いたのは……。

スタッフ
監督:リュック・ジャケ

キャスト

作品データ
原題:L'EMPEREUR
製作年:2017年
製作国:フランス
配給:ハピネット
上映時間:85分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケオンライン券を購入

券種
枚数
一般: 1400円

合計金額
0円
販売終了日 : 2018年08月24日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定劇場については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※劇場前売特典は付きません。
これからご購入いただくのはムビチケオンライン券です。劇場前売特典は、劇場窓口にてムビチケカード券をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。