プーと大人になった僕

"くまのプーさん"をディズニーが実写映画化!
公開
2018/09/14(金)公開
監督
マーク・フォスター
出演
ユアン・マクレガー
解説
『美女と野獣』のディズニーが「くまのプーさん」を実写映画化!100エーカーの森を飛び出したプーと仲間たちは、大人になった親友のクリストファー・ロビンと奇跡の再会を果たすのだが…。ロンドンを舞台に、忘れてしまった「大切なモノ」を思い出させてくれる感動の物語。主役のクリストファー・ロビンを、『スター・ウォーズ』シリーズの名優ユアン・マクレガーが演じる。
「観たい」登録者…3382

ストーリー
「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」。 "100エーカーの森"に住むくまのプーと、大親友の少年クリストファー・ロビンが約束を交わした別れから数十年――大人になったクリストファー・ロビンは、妻と娘と共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリストファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末にまで、仕事を任されてしまう。会社から任された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。プーに「森の仲間たちが見つからない、君が必要なんだ」と頼まれたクリストファー・ロビンは、懐かしい"100エーカーの森"へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨーら仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なことなの…」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、会議の重要な書類を森に忘れていたことに気づく…。一方、彼の忘れものに気づいたプーと仲間たちは、親友のため、初めて"100エーカーの森"を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために――

スタッフ
監督:マーク・フォスター

キャスト
ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、ジム・カミングス(声の出演)

作品データ
原題:CHRISTOPHER ROBIN
製作年:2018年
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間:104分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker