バハールの涙

【母 vs IS】 女に殺されると天国へ行けない
公開
2019年1月公開
監督
エヴァ・ウッソン
出演
ゴルシフテ・ファラハニ
解説
捕虜になった息子を助け出すため、銃を取って立ち上がったクルド人女性バハールの生き様を、片眼の戦場記者の目を通して描く。【世界で最も美しい顔100人】トップ10の常連で、『パターソン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の好演が記憶に新しいゴルシフテ・ファラハニが大切なもののために紛争地で戦う女性を熱演。2018年ノーベル平和賞受賞者で、ISの性暴力を受けた女性たちの救済に尽力するナディア・ムラドのメッセージを実感できる、感動作。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
「観たい」登録者…47

ストーリー
女弁護士のバハールは愛する夫と息子に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある日、クルド人自治区の故郷の町でIS(イスラミックステート)の襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。数か月後、バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、女性武装部隊【太陽の女たち】のリーダーとなり、最前線でISと戦う日々をおくっていた。同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通し、再び我が子を抱きしめる日を夢見て、内戦を生き抜くバハールの姿が映し出されていく。

スタッフ
監督:エヴァ・ウッソン

キャスト
ゴルシフテ・ファラハニ、エマニュエル・ベルコ

作品データ
原題:Les filles du soleil
製作年:2017年
製作国:フランス=ベルギー=ジョージア=スイス
配給:コムストック・グループ+ツイン
上映時間:111分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケオンライン券を購入

券種
枚数
一般: 1500円

合計金額
0円
販売終了日 : 2018年12月31日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定劇場については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※11/9(金)より販売開始