販売期間終了

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

バレエ界を劇的に生きた男、ルドルフ・ヌレエフの光と影
公開
2019/05/10(金)公開
監督
レイフ・ファインズ
出演
オレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニン、アデル・エグザルホプロス
解説
俳優としても評価の高いレイフ・ファインズ監督が伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若き日からパリでの亡命に至るまでを映像化。世界三大バレエ団で活躍し、バレエ史に燦然と輝くヌレエフの光と影を見事に描ききっている。主演にはオーディションによって見出された現役のタタール劇場のプリンシパル、オレグ・イヴェンコを抜擢。共演に『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン世界一優雅な野獣』のヒットも記憶に新しいバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを起用。本物のバレエダンサー達によってバレエ界のリアルな様子も描かれている。
「観たい」登録者…250

ストーリー

ひとりの若者が、黒いベレー帽に黒っぽい細身のスーツ姿で、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)からパリへ向かう飛行機の中にいる。時は1961年。ルドルフ・ヌレエフはまだ伝説のダンサーでもなければ、尊大な人間にもなっていなかった。世界に名だたるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の一員として、海外公演のために彼は生まれて初めて祖国ソ連を出た。若きヌレエフはパリの生活に魅せられ、この魅惑の街で得られる文化、芸術、音楽のすべてを貪欲に吸収しようとしていた。だが、その一挙一動はKGBの職員に監視されていた。やがてパリ社交界の花形クララ・サンと親密になるが、その一連の行動により、政府からの疑惑の目はますます強まる。その後、ヌレエフは信じがたい要求をつきつけられ、苦渋の決断を迫られる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示するものだった。6月16日パリ、ル・ブルジェ空港。他の団員たちは次の公演地へ旅立ち、KGBと共に空港に残されたヌレエフがくだした決断とは―

スタッフ

監督: レイフ・ファインズ


キャスト

オレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニン、アデル・エグザルホプロス、ルイス・ホフマン、チェルパン・ハマートヴァ、ラファエル・ペルソナ、レイフ・ファインズ


作品データ

原題:The White Crow
製作年:2018年
製作国:イギリス、ロシア、フランス
配給:キノフィルムズ
上映時間:127分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker