新型コロナウイルス感染症の対応について
販売期間終了

存在のない子供たち

少年ゼインの過酷な現実を生きる姿が心揺さぶる奇跡の物語。
公開
2019/07/20(土)
レイティング
PG12
監督
ナディーン・ラバキー
出演
ゼイン・アル=ラフィーア、ヨルダノス・シフェラウ、ボルワティフ・トレジャー・バンコレ、ナディーン・ラバキー

解説

第91回アカデミー賞〈外国語映画賞〉ノミネート。本年度のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員長に就任したナディーン・ラバキー監督は、リサーチ期間に3年を費やし、出演者は似た境遇に置かれた素人が「ありのまま」に演じたことで、ドキュメンタリーとは異なる"物語の強さ"を観る者の心に深く刻み込む。両親を告訴するに至るまでの痛切な思いに涙があふれ出る―全世界へと広がり続けている絶賛の波が、ついに日本へ押し寄せる!!

ストーリー

わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に劣悪な労働を強いられていた。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な"現実"だった。果たしてゼインの未来は―?

キャスト

ゼイン・アル=ラフィーア、ヨルダノス・シフェラウ、ボルワティフ・トレジャー・バンコレ、ナディーン・ラバキー


スタッフ

監督:ナディーン・ラバキー

作品データ

原題
Capharnaüm
製作年
2018年
製作国
レバノン=フランス
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
125分

[c] 2018MoozFilms

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS