新型コロナウイルス感染症の対応について

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように甘く弾ける 少年少女達の青春ラブグラフィティ
公開
2021/07/22(木)
レイティング
G
監督
イシグロキョウヘイ
出演
市川染五郎、杉咲花

解説

主人公であるチェリー役には、初映画、初声優、初主演となる歌舞伎界の超新星・八代目 市川染五郎。一方、ヒロインのスマイル役は、若手随一の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。「四月は君の嘘」、「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイの初のオリジナル劇場作品。音楽制作を務めるのは、アニメーションの劇伴やアニソン制作において第一線を走り続ける音楽レーベルフライングドッグ。こだわり抜かれた音楽による同社の10周年記念作品。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

17回目の夏、地方都市――。コミュニケーションが苦手で、人から話しかけられないよう、いつもヘッドホンを着用している少年・チェリー。彼は口に出せない気持ちを趣味の俳句に乗せていた。矯正中の大きな前歯を隠すため、いつもマスクをしている少女・スマイル。人気動画主の彼女は、"カワイイ"を見つけては動画を配信していた。俳句以外では思ったことをなかなか口に出せないチェリーと、見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルが、ショッピングモールで出会い、やがてSNSを通じて少しずつ言葉を交わしていく。ある日ふたりは、バイト先で出会った老人・フジヤマが失くしてしまった想い出のレコードを探しまわる理由にふれる。ふたりはそれを自分たちで見つけようと決意。フジヤマの願いを叶えるため一緒にレコードを探すうちに、チェリーとスマイルの距離は急速に縮まっていく。だが、ある出来事をきっかけに、ふたりの想いはすれ違って――。物語のクライマックス、チェリーのまっすぐで爆発的なメッセージは心の奥深くまで届き、あざやかな閃光となってひと夏の想い出に記憶される。

キャスト

市川染五郎、杉咲花、潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎、中島愛、諸星すみれ、神谷浩史、坂本真綾、山寺宏一


スタッフ

監督:イシグロキョウヘイ

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
87分

[c] 2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/07/21(水)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン