太陽の家

長渕剛、主演最新作!豪華キャスト陣と共に贈る感動作の誕生!
公開
2020/01/17(金)公開
監督
権野元
出演
長渕剛
解説
本作で、長渕剛が20年振りにスクリーンに蘇る。数々の名曲をリリースしてきた長渕の楽曲には、繊細な歌詞の中に常に大切な人への愛が綴られている。そんな長渕が40年の節目に、挑むテーマは「優しさ」。そして共演陣には、豪華キャストが集結した。川崎信吾の妻・美沙希に飯島直子。信吾の娘・柑奈には、若手女優として注目を集める山口まゆ。信吾と関わっていくシングルマザーの女性・池田芽衣を広末涼子。そして、芽衣の息子・龍生をオーディションで選ばれた子役・潤浩(ゆんほ)。更に、信吾の一番弟子・河合高史を瑛太が演じる。
「観たい」登録者…57

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

ストーリー

主人公は、神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾。普段はサングラスに強面風な川崎は、やんちゃで人情味の厚い男。そんな川崎が現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ。単純だけど実直な一人の男の「愛」が、不器用で臆病な少年の心を成長させていく。川崎信吾が守るのは、しっかり者の女房・美沙希と年頃の娘・柑奈。そして信吾に反発して今は家を出てしまった一番弟子の高史。平凡な日常を過ごしていたある日、弟子たちと現場で仕事に励んでいるところに保険会社の営業ウーマン池田芽衣が通りかかる。そして芽衣の一人息子・龍生に出会う。父親を知らずに育った内気な少年・龍生が気になる川崎。俺が男にしてやる!とばかりに、川崎の血が騒ぐ。また一つ、川崎に守るべきものが増えた。しかし突然現れた少年によって、家族との関係がギクシャクと悲鳴をあげだした。それでも単純で実直な一人の男の「愛と優しさ」が、不器用で臆病な少年の心を成長させ、家族の絆をゆるぎないものにリフォームしていくのだった―。

スタッフ

監督: 権野元


キャスト

長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩、瑛太、広末涼子


作品データ

原題:
製作年:2019年
製作国:日本
配給:REGENTS
上映時間:123分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケ前売券(オンライン)を購入

券種
枚数
前売一般: 1,400円

合計金額
0円
販売終了日 : 2020年01月16日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
「ムビチケポイント最大+300pt」作品バナー