新型コロナウイルス感染症の対応について
ムビチケ当日券

罪の声

小栗旬×星野源 日本中を震撼させた未解決事件の真相に迫る!
公開
2020/10/30(金)公開
監督
土井裕泰
出演
小栗旬、星野源
解説
小栗旬×星野源。人気と実力を併せ持つ今の日本エンタメ界を牽引する2人が映画初共演となる『罪の声』。原作は、2016年の「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得した塩田武士のベストセラー小説。監督は、『いま、会いにゆきます』『麒麟の翼』『ビリギャル』など映画ファンからも評価の高い数々の大ヒット作を手掛けてきた土井裕泰。脚本は、「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」「MIU404」を手掛けた野木亜紀子が担当。この秋、観るもの全ての心を突き刺す感動のヒューマンミステリーの傑作が誕生する。
「観たい」登録者…514

ストーリー

35年前、日本中を巻き込み震撼させた驚愕の大事件。食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件は、誘拐や身代金要求、そして毒物混入など数々の犯罪を繰り返す凶悪さと同時に、警察やマスコミまでも挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループによる、日本の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪―。大日新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、既に時効となっているこの未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、取材を重ねる毎日を過ごしていた。一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、家族3人で幸せに暮らしていたが、ある日、父の遺品の中に古いカセットテープを見つける。「俺の声だ―」それは、あの日本中を震撼させた未解決事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープと全く同じ声だった!やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。事件の深淵に潜む真実を追う新聞記者の阿久津と、脅迫テープに声を使用され、知らないうちに事件に関わってしまった俊也を含む3人の子供たち。「正義」とは何か?「罪」とは何か?昭和・平成が幕を閉じ新時代が始まろうとしている今、35年の時を経て、それぞれの人生が激しく交錯し、衝撃の真相が明らかになる―

スタッフ

監督:土井裕泰

キャスト

小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部順子、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子


作品データ

原題:
製作年:年
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:142分
作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

ムビチケ当日券(オンライン)を購入

券種
枚数
当日一般: 1,900円

合計金額
0円
※お近くのムビチケ対応映画館で上映されることをご確認のうえ、ご購入ください。
当日販売終了日 : 2020年11月26日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


【料金内訳】
当日一般券の販売価格の内訳は、鑑賞券1,600円・システム利用料300円・税込です。
楽天ペイの日