ベル・カント とらわれのアリア

彼らの運命は、その女神のような歌声に託された――。
公開
2019/11/15(金)公開
監督
ポール・ワイツ
出演
ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバート
解説
『アリスのままで』でアカデミー賞を獲得し、ハリウッドを代表する女優となったジュリアン・ムーア。同賞にノミネートされた『ラストサムライ』以来国際的に活躍し、ミュージカル「王様と私」でトニー賞にノミネートされた渡辺謙。マーティン・スコセッシら名匠に愛される実力派俳優、加瀬亮。演じるために生まれてきた世界最高峰の豪華3人が、1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得た作家アン・パチェットが、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた小説「ベル・カント」の映画化で夢の共演が実現した!
「観たい」登録者…91

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

ストーリー

実業家のホソカワは通訳のゲンと共に招かれた、南米某国の副大統領邸でのパーティーを心待ちにしていた。ホソカワの会社の工場誘致を目論む主催者が、彼が愛してやまないソプラノ歌手のロクサーヌ・コスのサロンコンサートを企画したのだ。現地の名士や各国の大使も集まり、女神のようなロクサーヌの歌声が流れたその時、突然テロリストたちがなだれ込み邸を占拠する。収監中の同志の解放を求める彼らは、赤十字のメスネルを介して政府と交渉するが平行線が続く。そんな中、ロクサーヌの歌をきっかけに、貧しく教育など受けられるはずもなかったテロリストたちと、教養に溢れた人質たちの間に、親子や師弟のような交流が生まれ始める。しかし、かりそめの楽園に終わりの時が近づいていた――。

スタッフ

監督: ポール・ワイツ


キャスト

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバート


作品データ

原題:BEL CANTO
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ
上映時間:101分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケ前売券(オンライン)を購入

券種
枚数
前売一般: 1,400円

合計金額
0円
販売終了日 : 2019年11月14日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
「芸術の秋」作品バナー
「『Mitai映画』新規ダウンロードキャンペーン」作品バナー