新型コロナウイルス感染症の対応について
販売期間終了

架空OL日記

「原作」×「脚本」×「主演」=バカリズム あの怪作が映画化!
公開
2020/02/28(金)
レイティング
G
監督
住田崇
出演
バカリズム、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子

解説

原作は、バカリズムが2006年から3年もの間、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログ「架空OL日記」。その唯一無二のOL観察力に、ブログを読んでいた誰もが「本物のOL」だと騙され、著者がバカリズムだと判明すると「女心が分かりすぎている」「いや、頭おかしい」と一気に人気沸騰、2017年には連続ドラマ化もされた怪作が今回待望の映画化となった。銀行を舞台に世の中のOL達が思わず「分かる~!」と唸るOL達の日常生活を描くバカリズム・ワールド全開の話題作!

ストーリー

憂鬱な月曜日の朝。銀行員OLの"私"(バカリズム)の1週間が始まった。携帯のアラームを6時にセットするも、実際に起きるのは6時半。眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ(夏帆)。私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。会社の更衣室で後輩のサエ(佐藤玲)と入社8年目の小峰(臼田あさ美)、10年目の酒木(山田真歩)が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

キャスト

バカリズム、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン、石橋菜津美、志田未来、坂井真紀


スタッフ

監督:住田崇

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
ポニーキャニオン/読売テレビ
上映時間
100分

[c]2020『架空OL日記』製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS