新型コロナウイルス感染症の対応について
販売期間終了

サイレント・トーキョー

全感覚を刺激する、極上のノンストップクライムサスペンス
公開
2020/12/04(金)
レイティング
G
監督
波多野貴文
出演
佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊

解説

「Happy X-mas (War Is Over)」にインスパイアされた小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」。「アンフェア」シリーズの秦建日子が、クリスマスの東京を突如襲った≪連続爆破テロ≫に翻弄される国家と人々の姿を紡いだクライムサスペンスを、「SP」シリーズの監督・波多野貴文が圧倒的スケールで映画化。事件の行方を握る登場人物たちには、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らオールスターキャストが集結。

ストーリー

12月24日、東京。恵比寿に爆弾を仕掛けたとTV局に電話が入る。半信半疑で中継に向かった来栖公太は、そこにいた主婦・山口アイコとともに犯人の罠にはまり、実行犯へと仕立てられてゆく。その様子を朝比奈仁が静かに見つめるなか、爆発は起きた。そして次の犯行予告が動画サイトに上げられる。「標的は渋谷・ハチ公前。要求は首相との生対談。期限は午後6時」。独自の捜査を行う刑事・世田志乃夫と泉大輝、不可解な行動をとるIT企業家・須永基樹、イヴの夜を楽しみたい会社員・高梨真奈美、そして一帯を封鎖する警察、事件を一層煽るマスコミ、騒ぎを聞きつけた野次馬たち。様々な思惑が交差する渋谷に“その時”が訪れる。それは、日本中を巻き込む運命のXmasの始まりだった。

キャスト

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼


スタッフ

監督:波多野貴文

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
99分

[c] 2020 Silent Tokyo Film Partners

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS