エジソンズ・ゲーム

勝つためならルールは無用、究極のビジネスバトル
公開
2020/04/03(金)公開
監督
アルフォンソ・ゴメス=レホン
出演
ベネディクト・カンバーバッチ
解説
世紀の発明王トーマス・エジソンほどの天才にも最強のライバルがいた。彼の名前はウェスティングハウス、<頭脳でトップに立つクリエイター>であるエジソンに対して、<戦略で支配を広げるカリスマ実業家>だ。この二人が壮絶なバトルを繰り広げた<電流戦争>がスキャンダラスに描かれる。特許の争奪戦に、名誉をかけた裁判。その裏で横行するネガティブキャンペーンに裏取引。アメリカ初の電力送電システムを巡り、超一流の天才たちが息もつかせぬビジネス対決を繰り広げる!
「観たい」登録者…453

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

ストーリー

まだ世界が炎によって照らされていた1880年、電気によって「夜を葬る」と宣言した人物がいた。トーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)、天才発明家と崇められ、大統領からの仕事でさえ、気に入らなければ断る傲慢な男だ。裕福な実業家のジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)は、そんなエジソンと手を組もうと晩餐会に招待するが、金に興味のないエジソンにすっぽかされてしまう。1882年、エジソンは自ら発明した電球でニューヨークの街を電気で灯すことに成功する。一方、ウェスティングハウスは、大量の発電機が必要なエジソンの"直流"送電方式よりも、1基で遠くまで電気を送れて安価な"交流"方式の方が優れていると考えていた。エジソンが起こした会社"エジソン・エレクトリック"に採用された、オーストリア移民の発明家テスラ(ニコラス・ホルト)も"交流"の方が効率的だとエジソンに提案するが、一蹴される。ウェスティングハウスは"交流"式の実演会にエジソンを招待するが、それを無視したエジソンは実演会成功のニュースと共に自分の電球が使われたと聞いて激怒する。自分の発明を盗まれたとマスコミに発表したエジソンは、「ハゲタカ」とウェスティングハウスを中傷し、"交流"は感電しやすく「死を招く」と攻撃、こうして世紀の"電流戦争"が幕を開けた!訴訟や駆け引き、さらに脅迫や裏切りと、両者の命さえかけた表と裏の攻防が続く中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに近づく── 果たして、このビジネスバトルの勝敗はいかに──?

スタッフ

監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン

キャスト

ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、トム・ホランド、ニコラス・ホルト


作品データ

原題:The Current War:Director's Cut
製作年:2019年
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
上映時間:108分
作品情報・予告編 提供:Movie Walker

ムビチケ前売券(オンライン)を購入

券種
枚数
前売一般: 1,500円

合計金額
0円
販売終了日 : 2020年04月02日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※映画館前売特典は付きません。
これからご購入いただくのはムビチケ前売券(オンライン)です。映画館前売特典は、映画館窓口にてムビチケ前売券(カード)をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。
「3週連続 週替わりキャンペーン」作品ページ
「Mitai映画」新規ダウンロードキャンペーン_2002 作品ページ