新型コロナウイルス感染症の対応について

未来へのかたち

限界の先に原点があった!焼き物で巨大な聖火台を作る家族の物語
公開
2021/05/07(金)
レイティング
G
監督
大森研一
出演
伊藤淳史、内山理名、桜田ひより、飯島寛騎(男劇団 青山表参道X)、大塚寧々、吉岡秀隆、橋爪功

解説

主演は「チーム・バチスタ」シリーズ等でシリアスな演技から『西遊記』でのコミカルな演技まで幅広い役柄を演じ分ける伊藤淳史。共演には内山理名、大塚寧々、さらに『ALWAYS三丁目の夕日』をはじめ数々の代表作を持つ吉岡秀隆、映画・ドラマ・舞台で活躍し続ける橋爪功と日本を代表する演技派俳優らが集結。また近年、女優としても話題作への出演が絶えない桜田ひより、「仮面ライダーエグゼイド」の主演を務めた飯島寛騎と若手注目俳優陣も出演。そして主題歌には湘南乃風のHAN-KUN、音楽をピアニストの清塚信也が担当!

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

小さな窯元を構え、新しい砥部焼のスタイルを独自に追求する若手陶芸家の竜青(伊藤淳史)。「砥部焼でオリンピックの聖火台を作ろう」と町をあげて実施されたデザインコンペで、竜青は老舗窯元たちと競い合いコンペを制したが、採用されたのは身に覚えのないデザイン。それは娘・萌(桜田ひより)が竜青の名で密かに応募していたものだったのだ。頭を抱える竜青。このデザインを実現させるには、絶縁していた父・竜見(橋爪功)の技術が必要だった。そこへ突然、町に戻った兄・竜哉(吉岡秀隆)も交わり、封印していた「母の死」にまつわる父子の因縁が蘇る―――。日本ではほとんど類をみない、磁器を独自開発した愛媛県砥部町。240年の歴史を誇り、国の伝統的工芸品に指定されている「砥部焼」が題材。劇中では現存する陶石採掘場や実際の窯元、焼き物などを使用し、伝統を守る職人の熱い思いも描く。主に家族経営の窯元が100軒以上集う町を舞台に、離散した家族が五輪の聖火台を作ることで再生していく物語。本物の砥部焼で作られた巨大な聖火台には圧巻!!

キャスト

伊藤淳史、内山理名、桜田ひより、飯島寛騎(男劇団 青山表参道X)、大塚寧々、吉岡秀隆、橋爪功、三谷麟太郎、山口太幹、宮川一朗太、川野太郎、六平直政


スタッフ

監督:大森研一

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
スターキャット(配給協力:イオンエンターテイメント)
上映時間
112分

[c] 2021「未来へのかたち」製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,400
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/05/06(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン