新型コロナウイルス感染症の対応について

望み

極限の家族愛を描く、サスペンス・エンタテインメント!!
公開
2020/10/09(金)公開
監督
堤幸彦
出演
堤真一
解説
読者満足度 100%(ブクログ調べ)を記録した雫井脩介によるベストセラー・サスペンス小説「望み」が、エンターテインメントの旗手・堤幸彦監督により満を持して映画化。「愛する息子は殺人犯か、それとも被害者か」。極限の家族愛を描く、サスペンス・エンタテインメント!!
「観たい」登録者…630

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

ストーリー

一級建築士の石川一登(堤真一)とフリー校正者の妻・貴代美(石田ゆり子)は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高校生の息子・規士(岡田健史)と中三の娘・雅(清原果耶)と共に幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。受験を控えた雅は、志望校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。行方不明者は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとももう一人の被害者なのか。

スタッフ

監督:堤幸彦

キャスト

堤真一、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太


作品データ

原題:
製作年:2020年
製作国:日本
配給:KADOKAWA
上映時間:108分
作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

ムビチケ前売券(オンライン)を購入

券種
枚数
前売一般: 1,500円

合計金額
0円
販売終了日 : 2020年10月08日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※映画館前売特典は付きません。
これからご購入いただくのはムビチケ前売券(オンライン)です。映画館前売特典は、映画館窓口にてムビチケ前売券(カード)をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。
語りたい映画がある。もっと映画館で楽しもう!_キャンペーン_作品ページ