販売期間終了

空白

父、暴走。
公開
2021/09/23(木)
レイティング
PG12
監督
吉田恵輔
出演
古田新太、松坂桃李

解説

『新聞記者』『MOTHERマザー』のスターサンズが、『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』の吉田恵輔監督とタッグを組み現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すヒューマンサスペンスに挑む。すべてのはじまりは、スーパーでの万引き未遂事件。逃走した女子中学生は、追いかけてきた店長の目の前で、車に轢かれて即死する。娘を失った父はモンスターとなって、すべての者を追い詰めていく。迫りくる古田新太の狂気、逃げられない松坂桃李。日本映画史に大きな足跡を残す新たなる傑作が誕生した。

上映スケジュール

エリアごとの映画館 現在地から近くの映画館
都道府県
北海道
北海道(0)
東北
青森県(0)
岩手県(0)
秋田県(0)
山形県(0)
福島県(0)
関東
茨城県(0)
栃木県(0)
群馬県(0)
埼玉県(0)
千葉県(0)
神奈川県(0)
甲信越・北陸
新潟県(0)
富山県(0)
石川県(0)
福井県(0)
山梨県(0)
長野県(0)
東海
岐阜県(0)
静岡県(0)
愛知県(0)
三重県(0)
関西
滋賀県(0)
京都府(0)
大阪府(0)
奈良県(0)
和歌山県(0)
中国
鳥取県(0)
島根県(0)
岡山県(0)
山口県(0)
四国
徳島県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
高知県(0)
九州・沖縄
福岡県(0)
長崎県(0)
熊本県(0)
大分県(0)
宮崎県(0)
鹿児島県(0)
沖縄県(0)
エリア
都道府県を選択してください

ストーリー

漁師の添田(古田新太)は、怒れる男だった。半人前の野木(藤原季節)を口やかましく叱り、一人娘の花音(伊東蒼)にも厳しい。まだ中学生の花音に携帯電話を与えた、別れた元妻の翔子(田畑智子)にも腹を立てる。だが、その時はまだ、どこにでもいる怒りっぽい男だった。あの事件が起きるまでは──。放課後に寄ったスーパーでマニキュアを手に取った花音は店長の青柳(松坂桃李)に腕をつかまれる。とっさに逃げ出すが、追いかけられた花音は、車道に飛び出したところを乗用車とトラックに轢かれてしまう。警察署の霊安室で、あまりに変わり果てた娘の遺体と対面する添田。駆けつけた翔子は妊娠中の身で、ショックのあまり過呼吸を起こす。テレビの報道番組は、「万引きをした女子中学生への店側の対応は行き過ぎか」と煽る。お通夜にやって来た青柳に、添田は「本当はいたずら目的で万引き犯に仕立て上げたんじゃねーのか?」と罵る。その様子がテレビで流れ、添田の家には「お前の娘は犯罪者」と書かれた紙が貼られ、スーパーには「ロリコン野郎」と落書きされるのだった。添田は花音の通っていた中学校の校長と担任の今井(趣里)に、「化粧をしている子のリストを出せ」と迫り、誰かにイジメられて万引きを強要されたと主張する。添田の家の前に、花音をはねた中山楓が母の緑(片岡礼子)に付き添われて現れるが、添田は謝罪を無視する。"花音のことは印象にない"と殆んどのクラスメイトが答えた聞き取り調査の内容に「隠蔽だ」と激昂する添田。怒りの矛先を変えようと、校長は「青柳に痴漢されたことがあると生徒から情報があった」と耳打ちする。帰宅してテレビをつけると、「逃げ出した相手を追って何が悪い」と青柳が語っていた。悪意ある編集でその後の「一生かけて償う」という発言をカットされたのだった。その日から、添田の青柳への攻撃は狂気を増していく。青柳をかばう店員の草加部(寺島しのぶ)の抗議も火に油を注ぐだけだ。逃げる青柳のあとを追い回し、罵詈雑言を浴びせる添田。そんな二人にワイドショーが群がり、ネットやSNSでも噂や憶測の尾ひれがついた誹謗中傷が拡散していく。この事件に関わった者たちすべてが、引き返せない極地へと足を踏み入れようとしていた──。

キャスト

古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子、寺島しのぶ


スタッフ

監督:吉田恵輔

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
スターサンズ/KADOKAWA
上映時間
107分

[c] 2021『空白』製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS