新型コロナウイルス感染症の対応について
販売期間終了

スパイの妻

時代が夫婦の運命を翻弄していく…。
公開
2020/10/16(金)
レイティング
G
監督
黒沢清
出演
蒼井優、高橋一生

解説

名匠・黒沢清監督が、初めて描き出した歴史の闇。脚本を手掛けたのは、黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)の3人。また、東京事変などの活動で知られる音楽家・長岡亮介が、映画音楽を初めて手掛け、日本を代表する才能が集結。主演は実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く主人公・聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。正義の遂行のために手段を選ばぬ夫・優作を魅力的に体現した。

ストーリー

1940年。満州で偶然、恐ろしい国家機密を知ってしまった優作は、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。聡子は反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻と罵られようとも、その身が破滅することも厭わず、ただ愛する夫とともに生きることを心に誓う。太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく……。

キャスト

蒼井優、高橋一生


スタッフ

監督:黒沢清

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
115分

[c] 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS