新型コロナウイルス感染症の対応について

ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった

ザ・バンドのドキュメンタリー、衝撃的デビューから解散まで
公開
2020/10/23(金)公開
監督
ダニエル・ロアー
出演
ザ・バンド<ロビー・ロバートソン、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン>、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ブルース・スプリングスティーン
解説
ミュージシャンが愛したミュージシャン、ザ・バンド。その誕生と栄光、伝説の解散ライブ「ラスト・ワルツ」までを追ったドキュメンタリー。製作総指揮をマーティン・スコセッシ、ロン・ハワードが担当し、監督は20代のダニエル・ロアー。映画界の重鎮たちと若い監督が組むことで、世代を超えて心に響く作品になることを目指した。また、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ヴァン・モリソン、ジョージ・ハリスンなど、ザ・バンドを敬愛する音楽界の重鎮たちが次々に顔を見せ、彼らのオリジナルな魅力を振り返る。
「観たい」登録者…136

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

ストーリー

1976年11月25日、サンフランシスコのウィンターランド・ボールルーム。激動の70年代後半に、一つのバンドがその活動に終止符を打った。彼らの名は「ザ・バンド」。ボブ・ディランをはじめ、音楽史に偉大な足跡を残したミュージシャンたちから尊敬される、ロック史上最も重要なバンドの一つである。本作はギター・シンガー・ソングライターのロビー・ロバートソンが2016年に綴った自伝を元に、バンドの誕生からボブ・ディランとのツアー、ウッドストックの“ビッグ・ピンク”でのレコーディング、そして伝説的解散ライブ「ラスト・ワルツ」まで―――才能、幸運、苦悩、狂気が横溢する、創造の旅路を追った感動のドキュメンタリーだ。

スタッフ

監督:ダニエル・ロアー

キャスト

ザ・バンド<ロビー・ロバートソン、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン>、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ブルース・スプリングスティーン、マーティン・スコセッシ


作品データ

原題:ONCE WERE BROTHERS:Robbie Robertson and The Band
製作年:2019年
製作国:カナダ=アメリカ
配給:彩プロ
上映時間:101分
作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

ムビチケ前売券(オンライン)を購入

券種
枚数
前売一般: 1,400円

合計金額
0円
販売終了日 : 2020年10月22日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
※映画館前売特典は付きません。
これからご購入いただくのはムビチケ前売券(オンライン)です。映画館前売特典は、映画館窓口にてムビチケ前売券(カード)をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。
語りたい映画がある。もっと映画館で楽しもう!_キャンペーン_作品ページ