新型コロナウイルス感染症の対応について
ムビチケ当日券

新感染半島 ファイナル・ステージ

あれから4年―。かつての祖国は、別世界となっていた。
公開
2021/01/01(金)公開
監督
ヨン・サンホ
出演
カン・ドンウォン
解説
2016年、カンヌ国際映画祭でのワールドプレミアで驚愕と絶賛の嵐を巻き起こした『新感染 ファイナル・エクスプレス』。日本をはじめ世界160か国以上で大ヒットを記録したインパクトは、いまだ忘れることはできない。あれから4年、遂に続編を完成させたのは前作で一躍注目を浴びたヨン・サンホ監督。本作もカンヌ国際映画祭公式作品に選出され破格の評価を浴びた。サンホ監督の手による練りに練られた脚本は、誰も予測できない結末へと爆走──舞台・映像・ストーリーと、すべてのスケールアップを成し遂げた。
「観たい」登録者…633

ストーリー

人間を凶暴化させ、わずか1日で韓国を崩壊させたウイルス。半島から脱出しようとする人々の群れに、姉夫婦とまだ幼い甥を連れたジョンソク大尉(カン・ドンウォン)の姿もあった。彼らは日本行きの船に乗り込むが、客室から感染者が発生、姉と甥が目の前で襲われてしまう。あれから4年、船がたどり着いた香港に亡命したジョンソクと義兄のチョルミン(キム・ドゥユン)は、絶望の日々を送っていた。そんな二人に、裏社会の組織から危険な儲け話が舞い込む。完全閉鎖された半島へ潜入し、2000万ドルが積まれたトラックを奪えというのだ。チームは4人、分け前は半分が条件だ。戻るなどあり得ないと断固拒絶するジョンソクだったが、半島出身だというだけで忌み嫌われ罵られる惨めな暮らしから抜け出すために行くという義兄が心配で、共に引き受けることになる。船が半島の海域へと入った時、4人は組織の男たちから武器を渡され、港の近くで「3日間」待つと言い渡される。成功して衛星電話をかけると、すぐに迎えが来るという段取りだ。感染者は暗い所では目が見えないことから、夜のうちに半島へと潜入する4人。まもなくトラックは見つかるが、息絶えていたはずの運転手に突如襲い掛かられる。闇に響くクラクションに凍りつくジョンソク。感染者は夜でも音には敏感なのだ。どこからともなく現れた大群の感染者をまいて、車と奪ったトラックの2台で、港へと走る4人。すると彼らの行く先へ向けて、照明弾が放たれる。法も秩序も砕け散った半島で生き抜くために、狂気に魂を売った人間たちの軍団、631部隊だ。車はクラッシュし外へと投げ出され、真昼のごとく照らされた空の下、群がる感染者と必死で戦うジョンソク。もう、これまでかと諦めたその時、目の前に車が停まる。運転席と助手席にいるのは、10代のジュニ(イ・レ)とまだ幼いユジン(イ・イェオン)の姉妹。ジュニは恐るべきハンドル捌きで、感染者を蹴散らしていく。無事に到着した隠れ家には、姉妹の母親ミンジョン(イ・ジョンヒョン)と、かつては軍の士官だった初老のキム(クオン・ヘヒョ)がいた。ジョンソクは彼女が、4年前に車で船へと向かう途中、「子供だけでも乗せてほしい」と泣きついてきた母親だと気づく。彼らも以前はソ大尉(ク・ギョファン)が率いる631部隊にいたが、いつしか狂い出した部隊から抜け出し、無線でSOSを送り続けて今に至るという。ジョンソクの任務を聞いたミンジョンは、何としてでも娘たちを脱出させたいと、彼と手を組んでトラックを奪うと決意する。トラックの荷台に隠れていた義兄は、トラックごと631部隊につかまり、現場を仕切るファン軍曹(キム・ミンジェ)から、命がけのゲームに出場するよう命じられていた。まもなくキム二等兵がトラックの中の札束と衛星電話を見つけ、ソ大尉に報告する。ソ大尉がおそるおそる電話をかけると、組織から金さえ持ってくれば誰でも脱出させてやると持ち掛けられるのだった。娘たちとキムを車に待たせ、631部隊へと乗り込むミンジョンとジョンソク。一方、ソ大尉はキムと二人だけで逃げようと画策していたが、勘の鋭いファン軍曹に何かあるとバレてしまう。トラックを巡り激しく攻防する三者に、容赦なく襲い掛かる感染者。タイムリミットまであとわずか。果たして、脱出できるのは誰か──?

スタッフ

監督:ヨン・サンホ

キャスト

カン・ドンウォン、イ・ジョンヒン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオン


作品データ

原題:PENINSULA
製作年:2020年
製作国:韓国
配給:ギャガ
上映時間:116分
作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

ムビチケ当日券(オンライン)を購入

券種
枚数
当日一般: 1,900円

合計金額
0円
※お近くのムビチケ対応映画館で上映されることをご確認のうえ、ご購入ください。
当日販売終了日 : 2021年01月28日
販売終了まで残り
【購入に際してのご注意】
※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


【料金内訳】
当日一般券の販売価格の内訳は、鑑賞券1,600円・システム利用料300円・税込です。