新型コロナウイルス感染症の対応について
販売期間終了

私をくいとめて

みつ子と脳内相談役Aが挑む、わかりみ深すぎ崖っぷちロマンス!
公開
2020/12/18(金)
レイティング
G
監督
大九明子
出演
のん、林遣都

解説

脳内に相談役が《爆誕》した31歳おひとりさま&年下男子がおくる、わかりみ深すぎ! 崖っぷちロマンスがこの冬誕生!『勝手にふるえてろ』(17)で第30回東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ数々の賞を受賞した、原作・綿矢りさ、監督&脚本・大九明子が再タッグ。ヒロイン・みつ子を演じるのは、近年、ますます活動の幅を広げる女優・創作あーちすと のん。みつ子が恋する腹ペコな年下男子・多田くん役を、話題作への出演が絶えない実力派俳優・林遣都が演じる。

ストーリー

黒田みつ子(のん)、31歳。平日は会社員として働き、休日はイキイキとおひとりさまライフにいそしむいまどきの独身女性だ。みつ子が一人でも楽しく生きていられるのには、ある秘密がある。それはいつからかみつ子の脳内に生まれた、頼れる相談役=Aの存在。人間関係はもちろん、ちょっとしたご近所トラブルに至るまで、Aはいつだってみつ子の問いに正しい答えをくれる。Aと一緒に過ごす平和でゆるゆるとしたおひとりさまの毎日。何かが足りないのは分かっているけど、決定的に不足しているものもない。そんなみつ子の日常に突如舞い降りた、久々の恋!それは会社を度々訪れる、年下の営業マン=多田くん(林遣都)。実はご近所さんだとわかってからは、定期的にみつ子の部屋を訪れてはうやうやしく手料理をもらっていく関係。そんなつかず離れずの微妙な仲をかれこれ1年ちかく続けているのに真面目な多田くんは決して部屋に上がろうとしない。「20代じゃないんだよ?付き合ってもない年下の男を遊園地なんかに誘えますかい!」おそらくは両思いだろうと信じながらも、なかなか多田くんとの関係を進める勇気が持てず、20代と30代の恋愛の違いを痛感するみつ子。しかしひとりに慣れ過ぎたみつ子はAと共に勇気を振り絞って、失敗したら巨大なダメージを負う31歳崖っぷちの恋に踏み出そうとする……。

キャスト

のん、林遣都、臼田あさ美、若林拓也、前野朋哉、山田真歩、片桐はいり、橋本愛


スタッフ

監督:大九明子

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
133分

[c] 2020『私をくいとめて』製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS