新型コロナウイルス感染症の対応について

映画 太陽の子

構想10年――。心震わす感動の青春群像物語、遂に公開。
公開
2021/08/06(金)
レイティング
G
監督
黒崎博
出演
柳楽優弥、有村架純、三浦春馬

解説

原爆開発の極秘任務に携わる科学者・修を、今年『ターコイズの空の下で』、『HOKUSAI』と主演作が次々に公開する柳楽優弥、未来を見据える幼なじみの世津を、大ヒット公開中の『花束みたいな恋をした』に出演した有村架純、戦地へ向かう弟を『天外者』、『ブレイブ -群青戦記-』に出演した三浦春馬が演じる。 “日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄されながらも、それぞれの葛藤や想いを抱え全力で生きた若者たちの、等身大の姿が描くかれる。

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

「映画 太陽の子」特製スマホ壁紙

「映画 太陽の子」特製スマホ壁紙

『映画 太陽の子』のムビチケを買うと、もれなく「映画 太陽の子」特製スマホ壁紙をプレゼント!
※iPhoneをお使いの場合は「Safari」、Androidをお使いの場合は「Chrome」にてダウンロードをお願いいたします。
※iPhoneをお使いの場合はダウンロードしたい画像を長押しして保存してください。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

戦況が激化し、最終局面を迎えた1945年の夏。軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる。世界を変えられる」と、託された国の未来のために情熱的に原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々が続く中、建物疎開で家を失い、修の家に住むことになった幼馴染の朝倉世津(有村架純)。時を同じく、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜んだ。3人でのひとときの幸せな時が流れる中、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見た修と世津。一方で物理学研究の楽しさに魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とは――?

キャスト

柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、國村隼、田中裕子


スタッフ

監督:黒崎博

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
111分

[c] 2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/08/05(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
  • ※映画館前売特典は付きません。
    これからご購入いただくのはムビチケ前売券(オンライン)です。映画館前売特典は、映画館窓口にてムビチケ前売券(カード)をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。

開催中のキャンペーン