愛のまなざしを

『接吻』で各賞を受賞した鬼才・万田邦敏監督 待望の新作
公開
2021/11/12(金)
レイティング
G
監督
万田邦敏
出演
仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり、藤原大祐

解説

狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督 が、『UNloved』『接吻』に続き、共同脚本・ 万田珠実と三度目のタッグを組んだ。「愛」の本質を見つめ、人間の性とエゴをあぶりだした愛憎サスペンス。

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

「愛のまなざしを」特製スマホ壁紙

「愛のまなざしを」特製スマホ壁紙

『愛のまなざしを』のムビチケを買うと、もれなく「愛のまなざしを」特製スマホ壁紙3種類をプレゼント!
※iPhoneをお使いの場合は「Safari」、Androidをお使いの場合は「Chrome」にてダウンロードをお願いいたします。
※iPhoneをお使いの場合はダウンロードしたい画像を長押しして保存してください。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

亡くなった妻に囚われ、夜ごと精神安定剤を服用する精神科医・貴志(仲村トオル)のもとに現れたのは、モラハラの恋人に連れられ患者としてやってきた綾子(杉野希妃)。恋人との関係に疲弊し、肉親の愛に飢えていた彼女は、貴志の寄り添った診察に救われたことで、彼に愛を求め始める。いっぽう妻(中村ゆり)の死に罪悪感をいだき、心を閉ざしてきた貴志は、綾子の救済者となることで、自らも救われ、その愛に溺れていく…。しかし、二人のはぐくむ愛は執着と嫉妬にまみれ始め、貴志の息子・祐樹(藤原大祐)や義父母との関係、そしてクリニックの診察にまで影響が及んでいく。そんな頃、義弟・茂(斎藤工)から綾子の過去について知らされ、さらに妻の秘密までも知ることとなり、貴志は激しく動揺するのだった。自身の人生がぶれぬよう、こらえてきた貴志のなかで大きく何かが崩れていく。失った愛をもう一度求めただけなのに、その渦の中には大きな魔物が存在し、やがて貴志の人生を乗っ取り始める。かたや綾子は、亡き妻にいまだ囚われる貴志にいらだち、二人の過去に激しい嫉妬をいだく。彼女は貴志と妻の愛を越え、極限の愛にたどりつくために、ある決断を下すのだった――。

キャスト

仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり、藤原大祐、万田祐介、松林うらら、ベンガル、森口瑤子、片桐はいり


スタッフ

監督:万田邦敏

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
102分

[c] Love Mooning Film Partners

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/11/11(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン