新型コロナウイルス感染症の対応について
  • TOP(商品一覧)
  • >
  • 映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』

映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』

日本が誇る名脇役(バイプレイヤー)100人が本人役で大暴れ!
公開
2021/04/09(金)
監督
松居大悟
出演
田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一

解説

テレビ東京にて2017年「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」、2018年「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」が放送され、大きな話題を呼んだシリーズ作品。日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演し、業界内視聴率30%とも言われ話題を呼んだ「バイプレイヤーズ」が、さらなる豪華キャスト陣とともに、待望の映画化!

ストーリー

もしも日本を代表する名脇役100人で映画を作ったら…映画はちゃんと完成するのか!?富士山の麓にある老舗ののどかな撮影所バイプレウッドは、民放各局の連ドラや映画など沢山の組が撮影中で100人を超える役者たちで大賑わい。田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一らバイプレイヤーズも仲間のベテラン名脇役たちと楽しく配信ドラマの撮影中だ。一方その頃、撮影所の片隅では濱田岳、柄本時生ら若手役者たちが犬を主役に100人の役者が出演する映画を作るべく奮闘中。しかし低予算のせいもあり役者がスタッフを兼任するわ、監督の濱田が暴走するわで撮影はストップしてしまう。見かねた田口たちは濱田組に協力し自分たちの連ドラのスタジオの一部を貸してあげることに。だが一つのスタジオで二組が同時に撮影するからトラブルの連続でてんやわんやに...おまけにその頃バイプレウッドにも買収話が巻き起こり、撮影所全体がざわつきはじめる。やがて濱田たちの映画には徐々に役者やスタッフが参加し始めるが、主役の犬が撮影中に逃げ出してしまい、撮影所中を駆けずり回り大騒動を巻き起こす!果たして100人の役者の映画は完成するのか!?

キャスト

田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一


スタッフ

監督:松居大悟

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部

[c] 2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS
券種
枚数
当日一般  ¥1,900
合計金額
¥0
当日販売終了日 : 2021/05/06(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


  • 【料金内訳】
    当日一般券の販売価格の内訳は、鑑賞券1,600円・システム利用料300円・税込です。

開催中のキャンペーン