新型コロナウイルス感染症の対応について

竜とそばかすの姫

2021年夏、細田守渾身の最新作がベールを脱ぐ!
公開
2021/07/16(金)
監督
細田守

解説

様々な作品テーマで世界中の観客を魅了し続けるアニメーション映画監督・細田守。最新作『竜とそばかすの姫』は、見た目にコンプレックスを持ち、心に大きな傷を抱えた17歳の少女が主人公。"もうひとつの現実"と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界<U>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語だ。細田作品ならではのリアル×ファンタジーの絶妙なマリアージュ、圧倒的スケールの物語を実現させるため、各ジャンルの垣根を超えて多様性溢れる才能が奇跡の集結をした。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日偶然にも、全世界で50億人以上が集う超巨大なインターネット上の仮想世界<U>に「ベル」というアバターで参加することに。<U>では自然と歌うことができたすず(ベル)は自ら作った歌を披露し続けていく内にあっという間に世界中の人気者になっていく。そんな驚きも束の間突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、竜の姿をした謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜に対し、<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれる中、竜が抱える大きな傷の秘密を知ろうと竜に接近するベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に心を開き始めていた。やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。50億人がすれ違う美しくも残酷な仮想世界で、現実世界の片隅に生きるすずの声は、たったひとりの「誰か」に届くのか。そして、世界を変えることができるのか。

スタッフ

監督:細田守

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
東宝

[c]2021スタジオ地図

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
前売小人  ¥800
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/07/15(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
  • ※小人券の対象年齢は映画館により異なります。詳細については、あらかじめ、ご鑑賞予定映画館のウェブサイトにてご確認ください。なお、映画館へのご入場の際に年齢の確認をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

  • 【購入者限定特典】
    ムビチケ前売券(オンライン)ご購入時に発行される「ムビチケ購入番号」と「ムビチケ暗証番号」を使ってログインすると、電子書籍300円引きクーポンやビデオ会議用バーチャル壁紙をダウンロードすることができます。
    ログインはこちら

開催中のキャンペーン