新型コロナウイルス感染症の対応について

アーヤと魔女

スタジオジブリ最新作。GWは映画館でジブリを。
公開
2021/04/29(木)
レイティング
G
監督
宮崎吾朗
出演
寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳、平澤宏々路

解説

宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』の原作者、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる小説を、企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗の下、国内外から結集した精鋭スタッフによって映像化。スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーションとして完成。2020年のカンヌ国際映画祭で、オフィシャルセレクションに選出され、北米をはじめ、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアなどでも劇場公開が決定!ジブリ史上、最もしたたかなヒロイン・アーヤのたくましくひたむきな姿を描く、スタジオジブリ最新作!

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

「子どもの家」で育った10歳の少女・アーヤは、なんでも思い通りになる子どもの家で、何不自由なく暮らしていた。そんなアーヤの前にあらわれたのは、ベラ・ヤーガと名乗るド派手な女と、マンドレークという長身男の怪しげな二人組。アーヤは、彼らの家に引き取られることになる。「わたしは魔女だよ。あんたをつれてきたのは、手伝いが欲しかったからだ」「おばさんが私に魔法を教えてくれるなら、おばさんの助手になってあげる」魔法を教えてもらうことを条件に、ベラ・ヤーガの助手として働き始めるアーヤ。でも、こき使われるばかりで、ひとつも魔法を教えてもらえない。生まれてはじめて自分の思い通りにならないことを悟ったアーヤは、魔法の秘密を知る使い魔の黒猫・トーマスの力を借り、反撃を始める……!私のどこが、ダメですか?

キャスト

寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳、平澤宏々路


スタッフ

監督:宮崎吾朗

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
82分

[c] 2020 NHK,NEP,Studio Ghibli

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
前売小人  ¥800
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/04/28(水)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
  • ※小人券の対象年齢は映画館により異なります。詳細については、あらかじめ、ご鑑賞予定映画館のウェブサイトにてご確認ください。なお、映画館へのご入場の際に年齢の確認をさせていただく場合がございますのでご了承ください。
  • ※宮崎駿さんの崎の字は【立】の崎になります。

開催中のキャンペーン