新型コロナウイルス感染症の対応について

クーリエ:最高機密の運び屋

ベネディクト・カンバーバッチ主演、本格派スパイ・サスペンス!
公開
2021/09/23(木)
レイティング
G
監督
ドミニク・クック
出演
ベネディクト・カンバーバッチ

解説

1962年10月、米・ソの対立は頂点に達し、キューバ危機が勃発。世界を震撼させたこの事件に際し、戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、実在した英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンだった。スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIAとMI6の依頼を受けてモスクワに飛んだウィンは、国に背いたGRU高官から得た機密情報を西側に運び続けるが―。本作は、歴史の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断をスリリングに描いた、迫真のスパイ・サスペンスだ。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

東西冷戦下、米ソ間の核武装競争が激化。世界中の人々は核戦争の脅威に怯えていた。そんな時、CIAとMI6のエージェントが一人の英国人に目を付けた。その男、グレヴィル・ウィンは東欧諸国に工業製品を卸すセールスマンだったが、彼が依頼された任務とは、販路拡大と称してモスクワに赴き、GRUのペンコフスキー大佐から受け取ったソ連の機密情報を西側に持ち帰ることだった。あまりに危険なミッションに恐れをなし、ウィンは協力を拒否するが、世界平和のために祖国を裏切ったペンコフスキーに説得され、やむなくモスクワ往復を引き受ける。だが、政治体制を超えた友情と信頼で結ばれた男たちは、非情な国家の論理に引き裂かれ、過酷な運命をたどることに―。

キャスト

ベネディクト・カンバーバッチ、メラーブ・ニニッゼ、レイチェル・ブロズナハン、ジェシー・バックリー、アンガス・ライト


スタッフ

監督:ドミニク・クック

作品データ

原題
The Courier
製作年
2021年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
112分

[c] 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/09/22(水)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン