新型コロナウイルス感染症の対応について

Mr.ノーバディ

『ジョン・ウィック』の脚本家が贈るハードボイルド・アクション
公開
2021/06/11(金)
レイティング
PG12
監督
イリヤ・ナイシュラー
出演
ボブ・オデンカーク、クリストファー・ロイド

解説

キアヌ・リーヴスの大ヒットアクション『ジョン・ウィック』の脚本家デレク・コルスタッドと製作のデビッド・リーチがタッグ!監督に全編一人称視点映画『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラーを迎え、エミー賞主演男優賞に4回もノミネートされた「ベター・コール・ソウル」でソウル・グッドマンを演じるボブ・オデンカーク、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の"ドク"ことクリストファー・ロイドと100の顔を持つと言われる名優『トップガン』のマイケル・アイアンサイドの共演と、映画通は見逃せない今年の掘り出しものの1本!

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

何者でもない奴を、甘くみてはいけない。主人公のハッチ(ボブ・オデンカーク)は、郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復するルーティンで退屈な毎日を送っている。外見は地味で、目立った特徴もない。この世の理不尽なことを全身で受け止め、決して歯向かうことはない。世間から見れば、どこにでも居る何者でもない(NOBODY)、ただの男だ。自宅に2人組の強盗が侵入したときも、これ以上事態を悪化させないために、抵抗せず、黙って見過ごした。そんな威厳のない振る舞いに妻には距離を置かれ、息子からもリスペクトされることはない。ある日、ハッチが乗ったバスにジャックを試みるチンピラが乗り込んで来る。若い女性を獲物にし、「ジジイ」呼ばわりされたことで、ハッチは遂にブチ切れ大乱闘となる。この一件はその後、ロシアンマフィアへとつながり、銃撃戦、カーチェイスと派手にエスカレートしていくのだった…。『ジョン・ウィック』ファン必見のハードボイルド・アクション!

キャスト

ボブ・オデンカーク、クリストファー・ロイド、コニー・ニールセン、RZA、マイケル・アイアンサイド


スタッフ

監督:イリヤ・ナイシュラー

作品データ

原題
NOBODY
製作年
2021年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
92分

[c] 2021 UNIVERSAL STUDIOS and PERFECT UNIVERSE INVESTMENT INC. All Rights Reserved.

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/06/10(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


  • 【料金内訳】
    前売一般:鑑賞券1,280円・手数料220円・税込

開催中のキャンペーン