新型コロナウイルス感染症の対応について

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

憧れの英雄か、国家への反逆者か― ブッカー賞受賞原作を映画化
公開
2021/06/18(金)
レイティング
PG12
監督
ジャスティン・カーゼル
出演
ジョージ・マッケイ

解説

かつて、ミック・ジャガー『太陽の果てに青春を』や、ヒース・レジャー『ケリー・ザ・ギャング』というレジェンド達が惚れこみ演じた史上最もパンクな犯罪者ネッド・ケリーを、主演作『1917』で次世代の才能として世界中が注目するジョージ・マッケイが継承し、『アサシン クリード』でハリウッドに進出したジャスティン・カーゼル監督による現代社会問題にも通じる視点と斬新な表現で、新たなケリー・ギャングの伝説を打ち立てる!

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

19世紀、オーストラリア。貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリー。幼い頃に死んだ父にかわり、母と6人の姉弟妹を支えてきたが、生活のため母はネッドをブッシュレンジャー(盗賊)のハリー・パワーに売りとばす。ネッドはハリーの共犯として10代にして逮捕・投獄された。出所したネッドは、娼館で暮らすメアリーと恋に落ち、家族の元に帰るが幸せは長くは続かない。横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけてはネッドや家族を投獄しようする。権力者の貧しい者への横暴、家族や仲間への理不尽な扱い。自らの正義、家族と仲間への愛から、ネッドは弟や仲間たちと共に"ケリー・ギャング"として立ち上がり、国中にその名を轟かす反逆者となっていく―。

キャスト

ジョージ・マッケイ、ニコラス・ホルト、ラッセル・クロウ、チャーリー・ハナム、エシー・デイヴィス


スタッフ

監督:ジャスティン・カーゼル

作品データ

原題
True History of the Kelly Gang
製作年
2019年
製作国
オーストラリア=イギリス=フランス
配給
アット エンタテインメント
上映時間
125分

[c] PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/06/17(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン