新型コロナウイルス感染症の対応について

リル・バック ストリートから世界へ

タフな闘争の街、メンフィス。彼の運命は1本の動画で変わった。
公開
2021/08/20(金)
レイティング
G
監督
ルイ・ウォレカン
出演
リル・バック

解説

全米有数の犯罪多発地域で、公民権運動のキング牧師が暗殺された場所としても知られるテネシー州、メンフィス。少年リル・バックは、メンフィス発祥のストリートダンス"メンフィス・ジューキン"にのめり込み、1本の動画をきっかけに世界的なダンサーとなる。ジャネール・モネイ、マドンナ、ヨーヨー・マらとの共演やヴィトン、ヴェルサーチ、シャネルなどとのコラボでも知られる驚異的ダンサー、リル・バックのダンスの秘密、そして、タフな闘争の街で育った少年がメンフィスの光になるまでの軌跡を描く感動的なドキュメンタリー。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

全米有数の犯罪多発地域で、公民権運動のキング牧師が暗殺された場所としても知られるテネシー州、メンフィス。そんな闘争の街で育ったチャールズ・ライリー(愛称リル・バック)は、メンフィス発祥のストリートダンス"メンフィス・ジューキン"にのめり込んだ。リル・バックだけでなく多くのメンフィスの少年にとって、ダンスは生きるために必要なものだった。映画の中で"ジューカー(ジューキンを踊る人)"たちが証言する。「俺たちは人殺しになるより、ダンスがしたい」。ただ「ダンスが上手くなりたい」とそれだけを願った少年リル・バックは、やがて奨学金を得てクラシックバレエにも挑戦、ジューキンとバレエを融合させ、名曲「白鳥」(「瀕死の白鳥」)を踊った。その「白鳥」を世界的チェロ奏者ヨーヨー・マが見て、チャリティ・パーティーに彼を招いて共演。そこに偶然、『her/世界でひとつの彼女』の映画監督スパイク・ジョーンズが居合わせ、驚異的なダンスに目を奪われ、携帯で撮影して動画を投稿。その1本の動画が、リル・バックの運命を変えたのだ。タフな街に育った少年が唯一無二の世界的なダンサーとなり、メンフィスの子供たちの光になるまでの軌跡を描く感動的なドキュメンタリー。

キャスト

リル・バック、ヨーヨー・マ、バンジャマン・ミルピエ、スパイク・ジョーンズ、アル・カポーン


スタッフ

監督:ルイ・ウォレカン

作品データ

原題
LIL BUCK REAL SWAN
製作年
2019年
製作国
フランス=アメリカ
配給
ムヴィオラ
上映時間
85分

[c] 2020-LECHINSKI-MACHINE MOLLE-CRATEN “JAI” ARMMER JR-CHARLES RILEY

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/08/19(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン