新型コロナウイルス感染症の対応について

スウィート・シング

宝物みたいな1日だった
公開
2021/10/29(金)
レイティング
PG12
監督
アレクサンダー・ロックウェル
出演
ラナ・ロックウェル

解説

米インディーズのカリスマ、アレクサンダー・ロックウェル監督の25年ぶりの日本劇場公開作。今でもカルト的人気を博す『イン・ザ・スープ』で、ジム・ジャームッシュらとともに一世を風靡したロックウェル。インディーズにこだわり続けてきた監督が、実の娘と息子を主演に、スーパー16ミリ撮影の美しいモノクロとパートカラーを用いて家族の物語を紡いだ。タイトルにもなっている曲はヴァン・モリソンの「Sweet Thing」。テレンス・マリック『地獄の逃避行』へのオマージュなど映画愛が込められている。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

普段は優しいが酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らす15歳のビリーと11歳のニコ。母イヴはクラブを経営する粗暴な男ボーと暮らしている。親に頼る事ができず、自分たちで成長していかなくてはならないビリーとニコは、ある日出会った少年マリクと共に逃走と冒険の旅に出る。演じるのは監督の実の子どもたち。姉ビリー役を娘のラナ・ロックウェル。弟ビリー役を息子のニコ・ロックウェル。実際のパートナーであるカリン・パーソンズが母親イヴを、『イン・ザ・スープ』 からの盟友で、近年は『ミナリ』にも出演したウィル・パットンが問題を抱える父親アダムを演じる。子育てができない親を見つめる子供たちの悲しみ。しかし一方で、1日がずっと続いて欲しいと願った、子供時代の純粋な幸福感がきらめいている。まさに現代に生きる子供たちの『スタンド・バイ・ミー』といえる一作。

キャスト

ラナ・ロックウェル、ニコ・ロックウェル、ウィル・パットン、カリン・パーソンズ


スタッフ

監督:アレクサンダー・ロックウェル

作品データ

原題
Sweet Thing
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
ムヴィオラ
上映時間
91分

[c] 2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

  • 家族を支えるために、少女は髪を切り、ジーンズをはいた。
    カラミティ
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1500円 他
    購入特典あり
  • 父、暴走。
    空白
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1500円
    キャンペーン&特典有
  • ベネディクト・カンバーバッチ主演、本格派スパイ・サスペンス!
    クーリエ:最高機密の運び屋
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1500円
  • 韓国発!容赦なき新感覚<整形サイコホラー>
    整形水
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1400円
  • ある日突然、妻が総理大臣になっちゃった!?
    総理の夫
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1500円
    キャンペーン実施中
  • 初主演映画に選んだのは、〈ひとりの男〉〈ひとりの父親〉だった
    マイ・ダディ
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1500円
  • ジョニー・デップ製作/主演最新作!ジョニーが日本を描く!!
    MINAMATAーミナマター
    2021/09/23(木)公開
     
    一般 1500円
    キャンペーン&特典有
  • 全く新しい「逃走サイレントスリラー」誕生!
    殺人鬼から逃げる夜
    2021/09/24(金)公開
     
    一般 1500円
    キャンペーン実施中
券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2021/10/28(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン