販売期間終了

スウィート・シング

宝物みたいな1日だった
公開
2021/10/29(金)
レイティング
PG12
監督
アレクサンダー・ロックウェル
出演
ラナ・ロックウェル

解説

米インディーズのカリスマ、アレクサンダー・ロックウェル監督の25年ぶりの日本劇場公開作。今でもカルト的人気を博す『イン・ザ・スープ』で、ジム・ジャームッシュらとともに一世を風靡したロックウェル。インディーズにこだわり続けてきた監督が、実の娘と息子を主演に、スーパー16ミリ撮影の美しいモノクロとパートカラーを用いて家族の物語を紡いだ。タイトルにもなっている曲はヴァン・モリソンの「Sweet Thing」。テレンス・マリック『地獄の逃避行』へのオマージュなど映画愛が込められている。

上映スケジュール

エリアごとの映画館 現在地から近くの映画館
都道府県
北海道
北海道(0)
東北
青森県(0)
岩手県(0)
宮城県(0)
秋田県(0)
山形県(0)
福島県(0)
関東
茨城県(0)
栃木県(0)
群馬県(0)
埼玉県(0)
千葉県(0)
東京都(0)
神奈川県(0)
甲信越・北陸
新潟県(0)
富山県(0)
石川県(0)
福井県(0)
山梨県(0)
長野県(0)
東海
岐阜県(0)
静岡県(0)
愛知県(0)
三重県(0)
関西
滋賀県(0)
京都府(0)
大阪府(0)
兵庫県(0)
奈良県(0)
和歌山県(0)
中国
鳥取県(0)
島根県(0)
岡山県(0)
広島県(0)
山口県(0)
四国
徳島県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
高知県(0)
九州・沖縄
福岡県(0)
長崎県(0)
熊本県(0)
大分県(0)
宮崎県(0)
鹿児島県(0)
沖縄県(0)
エリア
都道府県を選択してください

ストーリー

普段は優しいが酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らす15歳のビリーと11歳のニコ。母イヴはクラブを経営する粗暴な男ボーと暮らしている。親に頼る事ができず、自分たちで成長していかなくてはならないビリーとニコは、ある日出会った少年マリクと共に逃走と冒険の旅に出る。演じるのは監督の実の子どもたち。姉ビリー役を娘のラナ・ロックウェル。弟ビリー役を息子のニコ・ロックウェル。実際のパートナーであるカリン・パーソンズが母親イヴを、『イン・ザ・スープ』 からの盟友で、近年は『ミナリ』にも出演したウィル・パットンが問題を抱える父親アダムを演じる。子育てができない親を見つめる子供たちの悲しみ。しかし一方で、1日がずっと続いて欲しいと願った、子供時代の純粋な幸福感がきらめいている。まさに現代に生きる子供たちの『スタンド・バイ・ミー』といえる一作。

キャスト

ラナ・ロックウェル、ニコ・ロックウェル、ウィル・パットン、カリン・パーソンズ


スタッフ

監督:アレクサンダー・ロックウェル

作品データ

原題
Sweet Thing
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
ムヴィオラ
上映時間
91分

[c] 2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS