チェルノブイリ1986

その日、世界は変わった―
公開
2022/05/06(金)
レイティング
G
監督
ダニーラ・コズロフスキー
出演
ダニーラ・コズロフスキー

解説

1986年4月26日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。この未曾有の大惨事は、のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったとも言われ、数多くのドキュメンタリーが作られた。2019年に米HBOドラマ「チェルノブイリ」がエミー賞10部門を独占したことも記憶に新しい。そしてこの度、ロシア映画界が政府や国営原子力企業の協力を得て、他とは全く違った視点で描いた映画『チェルノブイリ1986』を完成させた。

上映スケジュール

エリアごとの映画館 現在地から近くの映画館
都道府県
北海道
東北
青森県(0)
岩手県(0)
秋田県(0)
山形県(0)
福島県(0)
関東
茨城県(0)
甲信越・北陸
新潟県(0)
富山県(0)
福井県(0)
山梨県(0)
東海
岐阜県(0)
三重県(0)
関西
滋賀県(0)
和歌山県(0)
中国
鳥取県(0)
島根県(0)
広島県(0)
山口県(0)
四国
徳島県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
高知県(0)
九州・沖縄
佐賀県(0)
長崎県(0)
大分県(0)
宮崎県(0)
鹿児島県(0)
エリア
都道府県を選択してください

ストーリー

若き消防士アレクセイは、元恋人オリガと10年ぶりに再会を果たし、彼女とともに新たな人生を歩みたいと願っていた。ところが地元のチェルノブイリ原発で爆発事故が起こり、それまでの穏やかな日常が一変。事故対策本部の会議に出席したアレクセイは、深刻な水蒸気爆発の危機が迫っていることを知らされる。もしも溶け出した核燃料が真下の貯水タンクに達すれば、ヨーロッパ全土が汚染されるほどの大量の放射性物質がまきちらされてしまう。愛する人のためタンクの排水弁を手動で開ける決死隊に志願したアレクセイだったが行く手には、想像を絶する苦難が待ち受けていた…。

キャスト

ダニーラ・コズロフスキー、オクサナ・アキンシナ、フィリップ・アヴデエフ


スタッフ

監督:ダニーラ・コズロフスキー

作品データ

原題
ЧЕРНОБЫЛЬ
製作年
2020年
製作国
ロシア
配給
ツイン
上映時間
136分

[c] «Non-stop Production» LLC, [c] «Central Partnership» LLC, [c] «GPM KIT» LLC, 2020. All Rights Reserved. chernobyl1986-movie.com 

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS
券種
枚数
当日一般  ¥1,900
合計金額
¥0
当日販売終了日 : 2022/06/02(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


  • 【料金内訳】※通常料金の場合
    当日一般:鑑賞券1,600円・手数料300円・税込

開催中のキャンペーン