販売期間終了

PLAN 75

この制度、果たして是か、非か――
公開
2022/06/17(金)
監督
早川千絵
出演
倍賞千恵子

解説

是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画「十年 Ten Years Japan」の一編「PLAN75」を新たに構築、キャストを一新。75歳になったら自らの生死を選択できる制度<プラン75>が実施された近い未来の日本を舞台に、命の価値は誰によって決められるのかを、真正面から問い掛ける衝撃作!

上映スケジュール

エリアごとの映画館 現在地から近くの映画館
都道府県
北海道
北海道(0)
東北
青森県(0)
岩手県(0)
宮城県(0)
秋田県(0)
山形県(0)
福島県(0)
関東
茨城県(0)
栃木県(0)
群馬県(0)
埼玉県(0)
千葉県(0)
東京都(0)
神奈川県(0)
甲信越・北陸
新潟県(0)
富山県(0)
石川県(0)
福井県(0)
山梨県(0)
長野県(0)
東海
岐阜県(0)
静岡県(0)
愛知県(0)
三重県(0)
関西
滋賀県(0)
京都府(0)
大阪府(0)
兵庫県(0)
奈良県(0)
和歌山県(0)
中国
鳥取県(0)
島根県(0)
岡山県(0)
広島県(0)
山口県(0)
四国
徳島県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
高知県(0)
九州・沖縄
福岡県(0)
佐賀県(0)
長崎県(0)
熊本県(0)
大分県(0)
宮崎県(0)
沖縄県(0)
エリア
都道府県を選択してください

ストーリー

世界でも速いスピードで高齢化が進んできた日本では、超高齢化社会に対応すべく75歳以上の高齢者が自ら死を選び、それを国が支援する制度<プラン75>が施行される。運用開始から3年――制度を推進する様々な民間サービスも生まれ、高齢者の間では自分たちが早く死ぬことで国に貢献するべきという風潮がにわかに広がりつつあった。夫と死別後、ホテルの客室清掃の仕事をしながら、78歳の角谷ミチは長年一人で暮らしてきた。市役所の<プラン75>申請窓口で働いている岡部ヒロムや申請者のサポート業務を担当する成宮瑶子は、国が作った制度に対して何の疑問も抱かずに、業務に邁進する日々を送っていた。また、フィリピンから出稼ぎに来ていたマリアは高待遇の職を求め、<プラン75>関連施設での仕事を斡旋される。一見合理的に思えるこの制度によって、様々な難局に直面するミチたちは、果たしてどういった選択をするのか?

キャスト

倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美


スタッフ

監督:早川千絵

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
ハピネットファントム・スタジオ

[c] 2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS