ロストケア

救ったのか、殺したのか。殺人犯 VS 検事 運命の激突―。
公開
2023/03/24(金)
レイティング
G
監督
前田哲
出演
松山ケンイチ、長澤まさみ

解説

葉真中顕の第16回日本ミステリー文学新人賞受賞作を「そして、バトンは渡された」の前田哲監督が映画化。42人を殺めた介護士・斯波宗典に松山ケンイチ。その彼を裁こうとする検事・大友秀美に長澤まさみ。初共演の二人が入魂の演技で激突する社会派エンターテインメント。自らの信念に従って犯行を重ねる斯波と、斯波を追い詰める大友の、互いの正義をかけた緊迫のバトルが繰り広げられる。他に鈴鹿央士、坂井真紀、戸田菜穂、柄本明 といった実力派俳優が出演。現代社会に、家族のあり方と人の尊厳の意味を問いかける。

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

総長の民家で老人と介護士の死体が発見された。捜査線上に浮かんだのは死んだ介護士と同じ訪問介護センターに勤める斯波宗典(松山ケンイチ)。彼は献身的な介護士として介護家族に慕われる心優しい青年だった。検事の大友秀美(長澤まさみ)は斯波が務める介護センターで老人の死亡率が異常に高いことを突き止める。この介護センターでいったい何が起きているのか?大友は真実を明らかにするべく斯波と対峙する。「私は救いました。」斯波は自分がしたことは「殺人」ではなく「救い」だと主張する。斯波のいう「救い」とは一体何なのか。なぜ、心優しい青年が未曽有の連続殺人事件を起こしたのか。柴野揺るぎない信念に向き合い、真相に迫る時、大友の心も激しく揺さぶられる。真の正義とは、本当の幸せとは、を深く考えさせられる衝突の社会派エンターテインメントが今、幕を開ける!

キャスト

松山ケンイチ、長澤まさみ、鈴鹿央士、坂井真紀、柄本明


スタッフ

監督:前田哲

作品データ

製作年
2023年
製作国
日本
配給
東京テアトル 日活
上映時間
114分

[c] 2023「ロストケア」製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2023/03/23(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
  • ※映画館前売特典は付きません。
    これからご購入いただくのはムビチケ前売券(オンライン)です。映画館前売特典は、映画館窓口にてムビチケ前売券(カード)をご購入の方が対象となっております。予めご了承ください。

開催中のキャンペーン