販売期間終了

東京2020オリンピック SIDE:B

2021年夏、日本人は、いったい何を経験したのか――
公開
2022/06/24(金)
監督
河瀬直美

解説

コロナ禍、延期、様々な問題、そして迎えた1年遅れの開催。750日、5000時間の膨大な記録が映し出していたものは、フィールド上、競技場の内外、至る所に満ち溢れていた情熱と苦悩。その全てを余すことなく後世に伝えるために、映画監督・河瀬直美が紡ぎだす、「東京2020オリンピック」の2つの事実。コロナで見えづらくなった"繋がり"を可視化し、"オリンピックの在り方"と"日本の現在地"を突きつける。

ストーリー

【SIDE:B】表舞台に立つアスリートたちを"支える側の人たち"の視点で描いた1作。COVID-19が猛威をふるい、予定通りの開催が不可能になった東京2020オリンピック。「開催日時の確定は?」「スポンサーは?」「ボランティアは?」「法的な問題は?」「ロジスティックや宿泊の問題は?」、切迫した状況の中で、組織委員会内での議論は紛糾する。どれも一筋縄ではいかない状況に、国、東京都、自治体、民間企業と出自の異なる組織委員会メンバーがワンチームとなり立ち向かう。I O Cバッハ会長の東京視察、誰もいない国立競技場、デモ隊あふれる都庁前、式典簡素化のための開会式・閉会式4式典演出企画チームの解散。そして、森喜朗組織委員会会長の辞任と、新たな会長として橋本聖子元オリンピック・パラリンピック担当大臣の就任と女性理事の増加。長引くコロナ禍の中、ついに始まる聖火リレー。さらには、ほぼ無観客での開催の決定。数々の問題、そして賛否が渦巻く中、ついに開会式を迎える―――。異例の大会、その全てを撮り続けたカメラ。アスリートたちの平和の祭典の裏側で、どうにもできない現実を目の当たりにし、もがき、戦った、人間たちの記録。

スタッフ

監督:河瀬直美

作品データ

製作国
日本
配給
東宝

[c] 2022-International Olympic Committee- All Rights Reserved.

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS