販売期間終了

宮松と山下

昨日までの自分を失ったら、何を演じたらいいのだろう
公開
2022/11/18(金)
レイティング
G
監督
関友太郎、平瀬謙太朗、佐藤雅彦
出演
香川照之、津田寛治、尾美としのり、中越典子

解説

本作は数多くの名作CMや教育番組「ピタゴラスイッチ」を手掛けてきた東京藝術大学名誉教授・佐藤雅彦、NHKでドラマ演出を行ってきた関友太郎、多岐にわたりメディアデザインを手掛ける平瀬謙太朗の3人の共同監督による長編デビュー作。類まれなる才能が集結し、観客は次に何が起こるのか予測不能な映像迷路を彷徨いながらラストシーンにたどり着き、微かに変化していく香川照之の表情に胸をつかまれる。

上映スケジュール

エリアごとの映画館 現在地から近くの映画館
都道府県
北海道
北海道(0)
東北
青森県(0)
岩手県(0)
秋田県(0)
山形県(0)
福島県(0)
関東
甲信越・北陸
富山県(0)
石川県(0)
福井県(0)
山梨県(0)
東海
静岡県(0)
関西
滋賀県(0)
奈良県(0)
和歌山県(0)
中国
鳥取県(0)
島根県(0)
山口県(0)
四国
徳島県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
高知県(0)
九州・沖縄
佐賀県(0)
長崎県(0)
大分県(0)
宮崎県(0)
鹿児島県(0)
エリア
都道府県を選択してください

ストーリー

宮松は端役専門のエキストラ役者。来る日も来る日も、名もなき登場人物を生真面目に演じ、画面の端に消えていく。派手さはないけれども慎ましく静かな宮松の生活。そんな宮松だが、実は彼には過去の記憶がなかった。なにが好きだったのか、どこで何をしていたのか、自分が何者だったのか。なにも思い出せない中、彼は毎日数ページだけ渡される「主人公ではない人生」を演じ続ける。ある日、宮松の元へある男が訪ねてくる……。

キャスト

香川照之、津田寛治、尾美としのり、中越典子、野波麻帆、大鶴義丹、尾上寛之、諏訪太郎、黒田大輔


スタッフ

監督:関友太郎、平瀬謙太朗、佐藤雅彦

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
85分

[c] 2022『宮松と山下』製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS