ヒトラーのための虐殺会議

議題:1,100万のユダヤ人絶滅政策
公開
2023/01/20(金)
レイティング
G
監督
マッティ・ゲショネック
出演
フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー

解説

すべてのドイツ占領下および同盟国から東ヨーロッパの絶滅収容所へのユダヤ人強制送還の始まりとなった「ヴァンゼー会議」を題材にした本作は、アドルフ・アイヒマンによって記録された会議の議事録に基づき、80年後の2022年にドイツで製作された。会議の出席者15名がまるでビジネスのように、論争の的になるユダヤ人問題について話し合い、大量虐殺に対して反論する者が誰一人いない異様な光景に戦慄が走るー。

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

ムビチケデジタルカード

ムビチケデジタルカード

『ヒトラーのための虐殺会議』のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ当日券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった、「ムビチケデジタルカード」をプレゼント!映画鑑賞の思い出を残そう!
※ご鑑賞後、ご購入時に登録されたメールアドレス宛にお届けします。
詳しくはこちら

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

1942年1月20日正午、ドイツ・ベルリンのヴァンゼー湖畔にある大邸宅にて、ナチス親衛隊と各事務次官が国家保安部代表のラインハルト・ハイドリヒに招かれ、高官15名と秘書1名による会議が開かれた。議題は「ユダヤ人問題の最終的解決」について。「最終的解決」はヨーロッパにおける1,100万ものユダヤ人を計画的に駆除する、つまり抹殺することを意味するコード名。移送、強制収容と労働、計画的殺害など様々な方策を誰一人として異論を唱えることなく議決。その時間は、たったの90分。史上最悪の会議の全貌が80年後のいま、明らかになる。

キャスト

フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー


スタッフ

監督:マッティ・ゲショネック

作品データ

原題
Die Wannseekonferenz
製作年
2022年
製作国
ドイツ
配給
クロックワークス
上映時間
112分

[c] 2021 Constantin Television GmbH, ZDF

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

  • NCT DREAM 夢の舞台が劇場へ!
    NCT DREAM THE MOVIE : In A DREAM
    2022/12/06(火)公開
     
    一般 2000円
    購入特典あり
  • ようこそ、歌があふれだす大冒険へ!
    映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう
    2022/12/09(金)公開
     
    一般 1500円 他
    キャンペーン&特典有
  • 『猟奇的な彼女』の監督が贈るロマンティックラブストーリー
    ハッピーニューイヤー
    2022/12/09(金)公開
     
    一般 1500円
  • 『ミッドサマー』のA24が贈る美しくも不気味な禁断の<狂夢>
    MEN 同じ顔の男たち
    2022/12/09(金)公開
     
    一般 1500円
    購入特典あり
  • 主演:山田裕貴×原作:佐藤泰志、ささやかな希望の物語。
    夜、鳥たちが啼く
    2022/12/09(金)公開
     
    一般 1500円
    購入特典あり
  • 運命に翻弄され再会を願い続けた2人―11年に及ぶ"愛の実話"
    ラーゲリより愛を込めて
    2022/12/09(金)公開
     
    一般 1500円
券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2023/01/19(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン