エッフェル塔~創造者の愛~

〈エッフェル塔〉完成の影に秘められた、情熱と愛の物語
公開
2023/03/03(金)
レイティング
R15+
監督
マルタン・ブルブロン
出演
ロマン・デュリス

解説

〈自由の女神像〉の制作に協力し名声を獲得したギュスターヴ・エッフェルは、「パリ万博」のシンボルモニュメント制作を仏政府より依頼を受ける。様々な苦難に立ち向かい、作り上げられた〈エッフェル塔〉。その完成の裏には、彼が忘れることができない、愛する人への秘めた想いがあった―。出演はギュスターヴにロマン・デュリス。ギュスターヴとの激烈な愛に身を投じるアドリエンヌに、エマ・マッキー。監督はマルタン・ブルブロン。ギュスターヴを支えたアドリエンヌとの愛、〈エッフェル塔〉の数奇な運命と共に迎えたその結末とは―。

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

ムビチケデジタルカード

ムビチケデジタルカード

『エッフェル塔~創造者の愛~』のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ当日券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった、「ムビチケデジタルカード」をプレゼント!映画鑑賞の思い出を残そう!
※ご鑑賞後、ご購入時に登録されたメールアドレス宛にお届けします。
詳しくはこちら

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

ギュスターヴ・エッフェル(ロマン・デュリス)は、アメリカの自由の女神像の制作に協力したことで、大いなる名声を獲得する。時は1886年、ここフランスでは3年後に控えた「パリ万国博覧会」の話題でもちきりだ。シンボルとなるモニュメントとして誰が何を作るかは、コンクールで選ばれることになっている。全く興味のなかったエッフェルだが、パーティの席で大臣から「戦争に敗れた今、我が国に必要なのは自由の女神のようなシンボルだ」と参加を要請される。さらに、久しぶりに再会した友人で記者のアントワーヌ・ド・レスタック(ピエール・ドゥラドンシャン)の妻から、「大臣と同感です。ぜひ見てみたい。野心作を」と言われたエッフェルは突然、「ブルジョワも労働者も皆が楽しめるように、パリの真ん中に300mの塔をすべて金属で造る」と宣言するのだった。エッフェルが決意をしたのにはワケがあった。初対面のふりをしたレスタックの妻は、エッフェルが今は亡き妻と結婚するずっと以前に心から愛した人だった。彼女の名前はアドリエンヌ(エマ・マッキー)、初めて出会ったのは、1860年のこと。鉄橋の建造を指揮するためにボルドーに滞在したのだが、その地の有力者の娘が彼女だった。エッフェルはアドリエンヌの真っ直ぐな魂に、アドリエンヌはエッフェルの才能と情熱に惹かれ、二人は労働者階級と上流階級という身分の違いを飛び越えて恋におちた。アドリエンヌとの幸せだった日々を回想しながら、塔のデッサンに集中するエッフェル。コンクールの日、エッフェルは審査員たちに「戦争で血と涙を流した国家が、この塔で自信を取り戻すのです」と高らかにプレゼンする。審査員はセーヌ川の側という立地条件は、地質が柔らかいのではないかと心配するが、圧気工法なら何の問題もないと力説し、風の流れに基づいて設計したという塔の模型を披露する。そして訪れた審査発表の日、エッフェルは見事に勝利を手にする。発表の瞬間、偶然にも隣り合わせたエッフェルとアドリエンヌは思わず手を握り合う。事業の開始を祝うパーティでアドリエンヌと踊ったエッフェルは、秘かに会いたいと告げるが、彼女からは「今の私には夫がいるの。もう終わりよ」と拒絶されてしまう。華々しく始まった建設事業も、思わぬ暗礁に乗り上げてしまう。倒壊を恐れる住民から苦情が殺到し、バチカンからは教皇が「ノートルダム大聖堂より高いのは侮辱だ」と怒り、醜悪だと主張する芸術家たちが連名で抗議文を送ってきたのだ。そして、とどめは作業員からの賃上げ要求、ストライキが続けば、資金難で建造が中止になってしまう。栄光の頂点からまさかのどん底へと突き落とされたエッフェル。失意の彼の前に、アドリエンヌが現れる──。

キャスト

ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アレクサンドル・スタイガー、アルマンド・ブーランジェ、ブルーノ・ラファエリ


スタッフ

監督:マルタン・ブルブロン

作品データ

原題
EIFFEL
製作年
2021年
製作国
フランス=ベルギー=ドイツ
配給
キノフィルムズ
上映時間
108分

[c] 2021 VVZ Production – Pathé Films – Constantin Film Produktion – M6 Films

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2023/03/02(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン