四月になれば彼女は

愛する人をさがし求める"至極のラブストーリー"誕生
公開
2024/03/22(金)
レイティング
G
監督
山田智和
出演
佐藤健、長澤まさみ、森七菜

解説

35万部突破のベストセラー恋愛小説「四月になれば彼女は」(川村元気 著/文春文庫 刊)が待望の映画化!結婚を控えた精神科医の藤代俊役に佐藤健。謎の失踪を遂げる藤代の婚約者・坂本弥生役に長澤まさみ。藤代の学生時代の恋人・伊予田春役に森七菜。さらに、仲野太賀、中島歩、河合優実、ともさかりえ、竹野内豊と実力派俳優が集結し、それぞれが愛をさがし求める様を演じます。監督は、多くのミュージックビデオを演出してきた山田智和が長編映画に初挑戦。恋愛の楽しさも苦しさも、全てが詰まった"心に刺さる"ラブストーリー

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

ムビチケデジタルカード

ムビチケデジタルカード

『四月になれば彼女は』のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった、「ムビチケデジタルカード」をプレゼント!映画鑑賞の思い出を残そう!
※ご鑑賞後、ご購入時に登録されたメールアドレス宛にお届けします。
詳しくはこちら

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

「あのときのわたしには、自分よりも大切なひとがいた。それが、永遠に続くものだと信じていた」四月。精神科医の藤代俊(佐藤健)のもとに、かつての恋人・伊予田春(森七菜)から手紙が届く。"天空の鏡"と呼ばれるウユニ塩湖からの手紙には、十年前の初恋の記憶が書かれていた。ウユニ、プラハ、アイスランド。その後も世界各地から届く、春の手紙。時を同じくして藤代は、婚約者の坂本弥生(長澤まさみ)と結婚の準備を進めていた。けれども弥生は突然、姿を消した。「愛を終わらせない方法、それはなんでしょう?」その謎かけだけを残して―――― 春はなぜ手紙を書いてきたのか?  弥生はどこへ消えたのか? ふたつの謎は、やがて繋がっていく。「あれほど永遠だと思っていた愛や恋も、なぜ消えていってしまうのだろう」現在と過去、日本と海外が交錯しながら、愛する人をさがし求める"四月"が始まる。

キャスト

佐藤健、長澤まさみ、森七菜、仲野太賀、中島歩、河合優実、ともさかりえ、竹野内豊


スタッフ

監督:山田智和

作品データ

製作年
2024年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
108分

[c]2024「四月になれば彼女は」製作委員会

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2024/03/21(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン