本日公休

台湾発、理髪店が舞台のハートウォーミングなヒューマン・ドラマ
公開
2024/09/20(金)
レイティング
G
監督
フー・ティエンユー
出演
ルー・シャオフェン

解説

全編を通じて柔らかなノスタルジーを感じさせながらも、家族間に波立つ感情、"老い"を受け入ていく心情、新たな希望を見出す道程を、リアルで現代的な視点を交えながら、繊細に描き出す。主演は、1999年以来、映画出演から遠ざかっていた名優 ルー・シャオフェン(『客途秋恨』)が20年以上ぶりに銀幕に主演復帰。次女役にベアトリス・ファン、その元夫役にフー・モンポー(『返校 言葉が消えた日』)、そして『藍色夏恋』(02)のチェン・ボーリン、『僕と幽霊が家族になった件』(22)のリン・ボーホンなども出演。

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

ムビチケデジタルカード(購入者限定鑑賞特典)

ムビチケデジタルカード(購入者限定鑑賞特典)

ムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった、「ムビチケデジタルカード」をプレゼント!映画鑑賞の思い出を残そう!
※ご鑑賞後、ご購入時に登録されたメールアドレス宛にお届けします。
詳しくはこちら

上映スケジュール

当ページでは一部の上映スケジュールのみ表示しております。すべての上映スケジュールは、映画公式サイトにてご確認ください。


ストーリー

台中の、とある街角に佇む、昔ながらの理髪店。女手ひとつで育て上げた3人の子供たちも既に独立し、店主のアールイさんは今日も一人店に立ち、常連客を相手にハサミの音を響かせます。息子の卒業式に出席するために整髪にやって来る紳士、枕元に立った亡き妻に「髪は黒いほうが良い」と言われ、初めて白髪染めにやって来る老人、親に内緒で流行りのヘアスタイルにして欲しいと懇願する中学生……、時が止まったように見える店も、泣いたり笑ったり、その実、結構忙しいのです。ある日、離れた町から通ってくれていた"先生"が病の床に伏したことを知ったアールイさんは、店に「本日公休」の札を掲げて、最後の散髪のためにその町に向かうのですが……。

キャスト

ルー・シャオフェン、ベアトリス・ファン、フー・モンポー、チェン・ボーリン、リン・ボーホン


スタッフ

監督:フー・ティエンユー

作品データ

原題
本日公休
製作年
2023年
製作国
台湾
配給
ザジフィルムズ
上映時間
106分

[c]2023 Bole Film Co., Ltd. ASOBI Production Co., Ltd. All Rights Reserved

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,500
合計金額
¥0
販売終了日 : 2024/09/19(木)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン