ミッシング

これは今を生きる〈わたしたち〉が、光を見つける物語。
公開
2024/05/17(金)
監督
𠮷田恵輔
出演
石原さとみ

解説

ある日突然いなくなった愛する娘の帰りを待ち望みながらも、自分たちの力ではどうにもできない現実との間でもがき苦しみ、事件をめぐるマスコミと世間の声に翻弄される母親とその家族。いつか必ず会える、その日を信じて―。出口のない迷路を彷徨い続ける母親・沙織里を演じたのは、出産を経て母となった石原さとみ。これまでのイメージを一新させる新境地に体当たりで挑んだ。さらに、中村倫也、青木崇高ほか豪華実力派キャスト陣が集結。"人間描写の鬼"𠮷田恵輔の監督・脚本で描く、限りなく哀しくて愛しくて優しい物語。

上映スケジュール

エリアごとの映画館 現在地から近くの映画館

ストーリー

愛する娘が失踪した。とある街で起きた幼女の失踪事件。母親の沙織里はあらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヶ月が過ぎていた。娘・美羽の帰りを待ち続けながら、少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る沙織里は夫・豊の態度に誠意を感じられず夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。そんな中、娘の失踪時に沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、ネット上では"育児放棄の母"として、誹謗中傷の標的になってしまう。世の中にあふれる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める"悲劇の母"を演じてしまうほど心を失くしていく。一方の砂田も、視聴率を獲得するために、世間の関心を煽るような取材を局の上層部から求められて葛藤していた。その報道はすでに失われた沙織里や沙織里の弟・圭吾の日常をさらに狂わせていく。そして2年後、再び同じ街で少女が行方不明になった。彼女が見つかれば、美羽も帰ってくるのではないか。沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心ですがり続ける。その先にある、光に―。

キャスト

石原さとみ、青木崇高、森優作、有田麗未、小野花梨、小松和重、細川岳、カトウシンスケ、山本直寛、柳憂怜、美保純、中村倫也


スタッフ

監督:𠮷田恵輔

作品データ

製作年
2024年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
118分

[c]2024「missing」Film Partners

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS
券種
枚数
鑑賞一般  ¥1,900
合計金額
¥0

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。
  • ※窓口料金は映画館によって異なりますが、ムビチケは前売券/鑑賞券ともにご利用いただけます。ただし、IMAX、Dolby Cinemaなどの上映では追加料金が必要になります。ムビチケ対応の映画館はこちらよりご確認ください。
  • ※ムビチケ鑑賞券の販売は予告なく終了いたします。


  • 【料金内訳】※通常料金の場合
    鑑賞一般:鑑賞券1,710円・手数料190円・税込

開催中のキャンペーン