ペナルティループ

それはたぶん、史上最悪のループ。
公開
2024/03/22(金)
レイティング
PG12
監督
荒木伸二
出演
若葉竜也

解説

「おはようございます。6月6日、月曜日。晴れ。今日の花はアイリス。花言葉は"希望"です。」—岩森淳が朝6時に目覚めると、時計からいつもの声が聞こえてくる。岩森は身支度をして家を出て、最愛の恋人・唯を殺めた溝口を殺害し、疲労困憊で眠りにつく。翌朝目覚めると周囲の様子は昨日のままで、溝口もなぜか生きている。そしてまた今日も、岩森は復讐を繰り返していく—。

ムビチケ前売券(オンライン) 購入特典

ムビチケデジタルカード

ムビチケデジタルカード

『ペナルティループ』のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった、「ムビチケデジタルカード」をプレゼント!映画鑑賞の思い出を残そう!
※ご鑑賞後、ご購入時に登録されたメールアドレス宛にお届けします。
詳しくはこちら

上映スケジュール

上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。


ストーリー

復讐の6月6日を繰り返す主人公の岩森を演じるのはキャラクターをリアルに存在させることができる若き名優・若葉竜也。恋人を殺されて復讐を繰り返す中で変化していく青年の心境を、セリフに頼らずに繊細に表現する。岩森に復讐される溝口に扮するのは伊勢谷友介。若葉とのケミストリーが生まれた本作は、俳優としての新章の幕開けとなった。さらに岩森の恋人・唯役には山下リオがミステリアスな磁場として存在感を放ち、『ドライブ・マイ・カー』で知られるジン・デヨンがタイムループの謎を握るキーパーソンとして躍動する。メガホンをとったのは、ディストピア・ミステリー『人数の町』が国内外で称賛を浴びた鬼才・荒木伸二。本作でもオリジナル脚本を手がけ、仇討ちという古典的なテーマを、「ペナルティループ」という新たなアイデアに落とし込んだ。奇想天外なアイデアに個性派が結集し、これまでのタイムループものと一線も二線も画す突然変異、唯一無二の異色作が誕生した。

キャスト

若葉竜也、伊勢谷友介、山下リオ、ジン・デヨン


スタッフ

監督:荒木伸二

作品データ

製作年
2023年
製作国
日本
配給
キノフィルムズ
上映時間
99分

[c] 2023『ペナルティループ』FILM PARTNERS

作品情報・予告編 提供:MOVIE WALKER PRESS

まもなく販売終了する作品

券種
枚数
前売一般  ¥1,600
合計金額
¥0
販売終了日 : 2024/03/22(金)
販売終了まで残り

購入に際してのご注意

  • ※本商品は、オンライン券(電子チケット)です。
  • ※上映予定映画館については、作品公式サイトなどでご確認ください。

開催中のキャンペーン